食品卸(総合)における法人営業の経験について話せます

  • 食品卸(総合)
  • 法人営業

経験内容

2016年4月~2016年12月:
-フードセーフティ製品部 販売部へ配属。
-担当経験エリア:
 大阪、奈良、和歌山、など
2016年12月~今:
-同事業部で担当エリアの増加:
 大阪、奈良、和歌山、兵庫、香川、徳島、高知

期間
2014年 〜 2016年頃

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


自己紹介

スリーエムジャパン株式会社で4年間勤務しております。
お客様の抱えている課題をはっきりさせることが自分の強みです。お客様の抱える問題を解決する第一歩は、まず課題をはっきりさせることにあります。
例えば、医療関係では「もっと肌に優しいテープはできないか」といった声や、電機メーカーの「携帯電話のディスプレイがもっと見やすくならないか」といった要望です。もちろんそうした要望は、ストレートな形で表面化するとは限りません。「テープで肌が荒れる患者さんがいる」「ディスプレイがちょっと」といった、何気ないやりとりに潜んでいる場合がほとんどです。いわば、そうした声なき声をキャッチする感度の鋭さが大切です。そして、課題をはっきりつかんだらその解決法を考えることになります。
「もっと肌に優しいテープはできないか」であれば、通気性がよく、粘着剤の刺激が少なくなれば、蒸れたり肌が荒れる原因を取り除くことができますから、そうした製品の可能性を考えてみる。「携帯電話のディスプレイがもっと見やすくならないか」でいえば、ディスプレイの液晶画面の性能に大きく関係するのは光ですから、光を有効に使える方法を考える。これが“アイデア”です。
弊社が一方的に「これはいいんです」と提案しても、お客様が「これを作って欲しい」と細かく要求されても、課題をより良い方法で解決できることは稀です。小さなきっかけをカタチにする作業、時間はかかるけど一つ一つ進める粘り強さが、最後はお客様と共に喜べる仕事となります。

職歴

開示前(決済前には開示されます)