40年にわたる建築設計に関する業務経験に基づき、建築関連の様々なことをお話できます。

  • 建設/不動産
  • 専門職
  • 経験内容

    事務所ビル、リゾートホテル、シティホテル、マンション、駅ビル、駅、コンサートホール、電算センター、社員寮、病院、工場等多様な用途の建築を自分の手で設計し、自ら設計監理を行ってきました。この40年の経験から、建築を造り上げることに関連する様々な場面で、多くの場面を見てきており、お話できる内容は多岐にわたります。
    業務のかたわら世界各国の著名建築物を見てまわり撮影した約8万枚の写真を、常時携帯しているノートPCに保存してあります。この中から自分の作品や世界中の建築作品を瞬時に事例写真として提示できます。
    設計事務所勤務中は社内のデザイン会議の審査員を約10年間担当したことから、設計の問題点やデザインの良い悪いを瞬時に見極めることが可能です。
    常にものをつくるための何かを考え続ける習慣があるため、新製品の開発や研究に関するアドバイスもいくつかのメーカーとやってきており、成果があがっています。こういった相談も得意です。
    受賞歴:グッドデザイン賞1回、日本建築学会東北建築賞1回、日本照明学会賞2回、
        日本建築家協会優秀建築賞3回

    地域

    東京都内、首都圏、福島、鹿児島等

    役割

    設計及び設計監理担当、又は統括責任者

    規模

    戸建て住宅規模から27万㎡の複合開発ビルまで

    期間
    1978年 〜 現在
    関連する職歴
    • 株式会社T.S.Architects
    • 東急設計コンサルタント 副統括部長
    • 西武建設

    氏名・職歴の開示について

    氏名:(開示前)

    株式会社T.S.Architects

    プロフィール詳細を見る


    概要

    建築設計の実務を40年近く経験しており、大規模(27万㎡)なものから小規模なものも含め、様々な用途の建物を手がけてきた。商業施設、コンサートホール、ホテル(リゾート、ビジネス)、オフィス(賃貸、本社)、マンション(リゾート、シティ)、駅、駅ビル、変電所、バスターミナル等を自分の手を動かして業務を行ってきた。ほとんどの案件が計画段階から竣工まで一貫して担当している。建築としてのアイデンティティ、環境との調和、機能性、事業性を高次元で調和させることを常に意識している。そこに住まう人、そこで働く人、そこに訪れる人に対して何を感じてもらうか、どう感じてもらうか、どのように感じてもらうかを常に意識し、それを建築を通してどう伝えるかを考えなければならない。そのためには全体計画からディテールまで一貫してコンセプトを表現することを忘れない意志が大切である。

    職歴

    • 株式会社T.S.Architects

      2015/11 在職中

    • 東急設計コンサルタント /副統括部長

      1987/6 2015/10

    • 西武建設

      1978/4 1987/5

    他の経験