製薬(医療用医薬品)における再生医療等製品の研究開発について話せます

  • 製薬(医療用医薬品)
  • 研究開発

経験内容

製薬会社、大学研究室で再生医療に関する研究、特に骨髄由来細胞、間葉系幹細胞、およびiPS細胞を用いた再生医療等製品(細胞医薬品、臓器再生)に関する研究開発業務に従事しています。特に培地や培養基材等の周辺産業に関する知見がございます。

どちらでご経験されましたか?

国内製薬会社
米国大学医学部
国内大学医学部

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

2011年- 関連の業務を含めると6年間ほどです。

得意な分野・領域はなんですか?

間葉系幹細胞、iPS細胞、皮膚科領域、眼科領域
再生医療の周辺産業等へのアプローチをご検討中の方のお力になれたらと思います。

期間
2011年 〜 現在

自己紹介

肌に優しい洗浄剤のための界面活性剤を用いた応用研究や、老化皮膚の特に真皮のコラーゲンに着目した抗しわ化粧品のための基礎研究開発を行った経験があります。
ミシガン大学皮膚科では、皮膚の老化防止を目的とした、光老化、老化のメカニズムの解明や、創傷治癒過程における骨髄由来細胞に関する研究など、広く化粧品やスキンケア製品の開発に役立つ研究を行いました。
現在は、間葉系幹細胞を用いた治療方法の開発研究、iPS細胞による臓器の再生など、再生医療に関する基礎研究を行なっています。
化粧品や医薬品などスキンケア製品の研究開発や再生医療等製品、および再生医療の周辺産業についての知見をお伝えすることができると思います。

職歴

開示前(決済前には開示されます)