ICT業界における事業戦略―その成功例と失敗例についてお話できます

謝礼金額の目安(1時間あたり) 20,000

経験内容

  • 経営/管理部門

私は、欧米企業在籍中、その日本市場での事業開始・発展に注力しましたが、その折、彼らの逞しさ、取り分け、米国のベンチャー企業が創業と同時に世界を相手とし、日本にも速やかに参入してくる逞しさには、何度となく感心させられました。今後は微力ながら、日本の中小企業の国内外での発展に少しでもお役に立ちたいと考えております。 



また、私が、1970年代日立製作所に在籍しておりました時代(15年勤務)に培った複数事業本部や外部企業にまたがるプロジェクトのマネジメント手法や、1980年代に日本で無名であった米国中規模企業を複数の日本国内大手企業とコンソーシアムを組ませて市場に参入する手法などは、現在でも十分通用すると思います。 



これらの戦略的市場参入手法も、スピード感をもって行わずしては、全く意味が無いことを強調しておきたいと思います。然し、だからといって、あまりにも短期的な視点で、例えばよく言われる米国の上場企業のように四半期ごとに株主を満足させるような決算内容に拘り過ぎるという観点におけるスピード感は誤りだと考えています。 経営理念が明確でないまま株主最優先の経営を続ける事は、絶対的に誤りです。また、市場ニーズの把握を誤り、先ずは拙速が肝要とばかりに市場参入を試みることも極めて危険です。 このあたりのことは、微妙な話ですのでここには記しませんが、私がかかわった企業の失敗例とそのことにあまり留意しなかった私自身の反省をも、別途お話しできます。



■ どちらでご経験されましたか?
アテントパソナ株式会社代表取締役兼COO、共同CEO
ベイネットワークス株式会社代表取締役兼CEO兼米国本社副社長
日本ストラタコム株式会社代表取締役兼米国本社ジェネラルマネージャー
ノーザンテレコムジャパン株式会社副社長
Andrew Corporation日本代表



■ いつごろ、何年くらいご経験されましたか?
1982年から2001年にかけての内、約16年間です。



■ その時どのような立場や役割でしたか?
何れの企業においても日本で事業を行うに必要な決裁権限を持っていました。無論本社への報告義務はありましたが。



■ 得意な分野・領域はなんですか?
IT, ICT業界におけるスピード間のある経営手法と注意を払わなければならないことなどをお話しすることが出来ます。



■ この分野は今後どうなると思いますか?
ICT分野の大手システムメーカ同士の合従連衡は一段落し、現在脚光を浴びつつあるAI、IoT、そしてSNSなどのさらなる進化により、ソフトウェアや情報処理分野における企業の台頭が急激に進むと思われます。今後の合唱連行は、これらソフトウェアや情報処理分野の業界を巻き込んだ、従来とは異なる形で進むと思われます。又、IoTシステムに必須のセンサー類を扱う企業とセキュリテー分野の企業の台頭も必然的に起きます。



■ 誇りに思う成果はなんでしたか?
二つほど記述します。



1)アンドリューコーポレーション、ノーザンテレコムの時代は、日米貿易摩擦における米国の圧力という追い風と、彼らが持つ技術と価格面の格段の優位性があり、日本参入後急速に業績拡大、またストラタコムは、当時の法人向け通信システムにおいて時代の最先端技術を有していたため、着任後一年で売り上げを倍以上に成長させました。 いずれの場合も、米国の圧力や、米国主導によるICT技術という、強い追い風と技術・価格面の優位性が、成功の大きな要因ですが、日本市場参入のための仕組み作りが無くしては、追い風も優位性も無に帰してしまいます。その仕組み作りを実現できたことを誇りに思います。



2)シスコシステムズがストラタコムを買収した当時(196年)並びにノーテルネットワークスがベイネットワークスを買収した当時(1999年)、シスコシステムズは当時も今も、インターネット・ICTシステムで世界トップ企業、ノーテルネットワークスは売り上げ規模1兆円超の世界トップ5に数えられる通信システムメーカであり、ベイネットワークスも売り上げ規模3500億円規模でシスコシステムズを追う世界2位のICTシステムメーカでありました。何れの買収或いは合従連衡においても、人材を失うことなく成功裏に日本の事業統合を実現出来たことです。

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

自営コンサルティング - ANSアソシエーツ / 代表


50年に亘り、国内外企業において情報通信技術(ICT)技術関連システムの市場開拓、新規事業立ち上げなどを主導する傍ら、大手企業管理職、日本法人代表やアジア大洋州統括責任者など様々な役職を果たしてきました。 又、2006年より、ボランティア活動として日本の技術系中小企業の海外向け広報支援ポータルサイトANSListsを運営中です。この広範囲にわたる経験と実績をもとに、次の分野におけるアドバイス、支援の提供が可能です。 (支援可能領域) l海外向情報発信、情報通信(ICT)システム活用、国内外企業連携・協業、事業戦略・経営企画、新規事業開発・立ち上げ支援、海外企業との折衝・契約交渉支援、外国企業との付き合い方、外国人社員のいる企業経営、

このアドバイザーの他の経験

プロフィール詳細を見る