家電量販店業界における女性むけデジタル家電売場構築についてお話できます

謝礼金額の目安 直接アドバイザーにお問い合わせください

経験内容

  • 業務支援

実際の大手量販店店頭で、ベースとなる売場づくりを行い、無人、有人どちらでも売上UPにつながるインストアマーケティングを通年で企画・提案していた経験があるから、ターゲットやブランドに特化した売場づくりプロジェクトの支援ができます。



■ どちらでご経験されましたか?
富士プレゼンテック株式会社 広域量販店支援



■ いつごろ、何年くらいご経験されましたか?
1997年4月 〜 2004年12月



■ その時どのような立場や役割でしたか?
家電量販店本部と直接売場構築の具体的な計画を立案し、実店舗に落とし込む役割です。



■ 得意な分野・領域はなんですか?
デジタル家電のマーケティングです。



■ この分野は今後どうなると思いますか?
デジタル家電は男性、女性それぞれのライフスペースとスタイルによって、デザインから用途性までトータルに吟味され購入されています。今後は、それぞれの趣味にあわせた商品セレクトに対応できるよう、売場は体験スペースとして機能しなくてはなりません。



■ 誇りに思う成果はなんでしたか?
実際にデジタル家電売場の店頭で、構築した売場を含めて、販売支援を行った際に、200~350万円/週のペースで売上ができたことです。

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

IMCマーケティング研究所 / 代表


2010年7月~現在 株式会社ドトールコーヒー退職後 独立。ソニーマーケティング株式会社プロジェクト「女性向け家電売場づくり」のためにインナーセミナー実施。株式会社SUBARUディーラー店頭調査の結果による接客改善施策立案など、インストアマーケティングを中心にコンサルティング実施。 Web媒体と紙媒体、プレスリリースを組み合わせたWeb広報体制の構築をオンラインショップを中心に展開。 併行して従事したWebリサーチの調査設計から分析報告、大手コンサルティングファームへのアドバイジングの実績をもって2017年8月 IMCマーケティング研究所を設立した。 2005年9月~2010年6月 株式会社ドトールコーヒーにおいて、着任時存在しなかったマーケティング部門を立ち上げ、ドトールコーヒーショップ1150店舗の売上分析から、MD、SPの年間計画を立案、各店舗運営部門と連携し計画を推進。新メニュー投下と店頭販促の連動で、客数・客単価UPに貢献。Webリサーチの調査設計・実施・結果分析の結果により、ブランド離反理由と離反先を特定し、ユーザーの離反防止施策も立案し推進。 単純な計画立案ではなく、日々、顧客と接触する店舗の運営に直結するマーケティングを推進し売上UPに貢献した。 1997年4月~2004年12月 富士プレゼンテック株式会社は、富士写真フイルム株式会社グループの広告代理店であり、写真市場全体の縮小期において競合シェアの浸食によるシェア拡大施策により、経営悪化の速度を鈍化させ、その間に、デジタル化に伴うBtoCからBtoBの転換事業のためのマーケティング施策を実施。 全国3,000店舗をこえるCVSチェーンにおけるフィルム、現像サービスをフジカラー100%化し、デジタルカメラ市場においては、関東エリアの低価格販売家電量販店でフジフィルムブランドのデジタルカメラ販売No1化に成功した。

このアドバイザーの他の経験

プロフィール詳細を見る