広告業界におけるプランニングとディレクションについてお話できます

謝礼金額の目安 直接アドバイザーにお問い合わせください

経験内容

  • メディア

代理店時代は広告やプロモーションを中心として、企画を構築していくしたが、現在はそれだけでなく、いかに人に寄り添った考えを用いることに重点を置き、必要な事柄を考えるようにしています。
特に「ゆとり世代」と言われる、これまでのように懸命には多肉事に喜びを感じるという人たちとは異なる新たな価値観を持つ社会人かどんどんと増加する世の中に見合った、社内の勉強会やコミュニケーション能力を高めるための講習会などの仕事が中心になりつつあります。



■ どちらでご経験されましたか?
流通業界を中心として、担当クライアントの大幅な売上上昇に寄与。



■ いつごろ、何年くらいご経験されましたか?
1993年から1998年



■ その時どのような立場や役割でしたか?
クリエーティブの責任者



■ 得意な分野・領域はなんですか?
現在はフリーランスのプランナー・ディレクターとして仕事をしています。
代理店時代の流通も継続的に仕事をしていますが、トヨタ自動車の各部署やデンソーなど系列会社、トヨタカローラやホンダコムテックなどのディーラー、国土交通省や愛知県などの行政、野村・三井などのマンション、パナホームやミサワなどのハウスメーカー、味の素や森永などの食品、大学や短大の広告・プロモーションなど幅広いジャンルの仕事をしています。



■ この分野は今後どうなると思いますか?
流通は少子化と高齢化による消費者の大きな移り変わりがあるだけでなく、ネット通販などによる販売の手法が大きく変革していきます。その中で、いかに集客できるか、もしくは新たな販売のチャネル設計や販売手法の確立ができるかが大きなポイントになります。
その他のしごともマクロな視点で国内市場を見て見ると、同様な変革に素早く対応し、新たなビジネスモデルを構築していくことが急務であると考えます。



■ 誇りに思う成果はなんでしたか?
現在では、縮小傾向にあるユニーのストアブランドである「アピタ」を手がけました。
着任当時は4店舗しかないアピタの店舗で、1年以内の閉鎖が決まっていましたが、それを新たな広告手法と店舗の見せ方、商品の揃え方などを協働で作り上げることで、3年で50店舗まで増やすことができました。
また、アピタ本体及びベビー用品やおもちゃ・布団などの商材限定の企画広告(チラシ)がイトーヨーカードや専門店に真似されたことは、広く評価されたと思い、とても嬉しかったです。

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

株式会社電通 / クリエーティブ局


プロフィール詳細を見る