起業・創業における開業準備についてお話できます

謝礼金額の目安(1時間あたり) 15,000

経験内容

  • 新規事業/R&D

これまで100件以上の起業相談に対応してきましたが、残念ながら、事業のコンセプトが固まっていない方、ビジネスモデルの構築ができていない方が、大半です。考えていることが悪いのでもなく、やろうとしていることに魅力がないのでもなく、要は時期尚なのです。
私が、起業希望者によくお話しするのは次の3点です。
 事業を始めることよりも、事業を続けることの方がはるかに大変ですよ。また資金は、それなりの起業計画書ができれば借りられます、でも借りることよりも返すことの方がはるかに大変ですよ。
 何を売りにするのか、競合とどうやって戦っていくのか、売上はどうやって上げるのか、利益はどうやって確保するのか(少なくても生活費と返済原資)、一緒にじっくりと考えて、成功する計画づくりに取り組みませんか。
 
 とにかく起業希望者は早くはじめたがります。絶対に成功しますと皆が口をそろえて言います。でもその根拠のない自信はどこから来るのですか。起業を成功させ、持続的発展をしていくために、今少し時間を掛けませんか。
 起業者を増やし、その成功の確率を上げるために、いっしょに知恵を絞って、伴走してチャレンジしていきたいと考えています。

どちらでご経験されましたか?

産業支援機関 産業振興部

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

2005年4月 〜 2017年9月

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

SP / 代表


現在は、事業者様の売上を伸ばすことと起業家様を応援しています。12年間の会社経営と12年間の産業支援機関での企業支援員の経験があります。  会社経営では、ゼロからの出発でしたが、顧客開拓と新分野進出を重ね、12年間経営しました。この間2つの自社商品の開発を行い、一つは自社製造、一つは独力で特許出願しました。経営革新計画認定を受けました。残念ながら、阪神大震災で売上の4割を失い閉鎖しました。  その後は、産業支援機関で、主に販路開拓、新商品・新サービスの開発、新分野進出のお手伝いと、100人を超える起業家を応援してきました。  その他には、東京証券取引所1部上場の外食企業に勤務していました。入社半年後に直営部長となり、数年間下がり続けていた売上を半年後にⅤ字回復させました。また3店舗の新規出店にも成功し、部門の売上は、約13億円から15億円としました。この経営改善のポイントは、従前の管理職は、スーツを着て店舗に来て、事前にチェックした店舗の経営数値に基づいて指摘したり、現場で見つけたことを指導するスタイルでした。私は、スーツを脱いでユニフォームに着替え、現場に入りました。そこで、店舗の人たちと一緒に改善点を見つけ、共に改善に取り組みました。今でも、当時にメンバーからは、あなただけが同じ目線で考えて、一緒に行動してくれたと言われます。店長さんたちがやる気になってくれたことと、共感できたことで、業績は大きく改善できました。  もう1社東京証券取引所1部上場の電気メーカーでの営業の経験があります。トップセールスマンを経て、万年赤字の営業所長となり、売上の拡大を図り半年後には黒字転換に成功しました。この経営改善のポイントは、他社を含め周りの営業マンは、得意先に商品を売ること(マーケットイン)しか考えない中で、私は常にマーケットアウトを考えていました。やっていたのは、POPや商品展示の工夫(音楽を連想させたり、季節感を出したり)を行っていました。また、閉店後に接客や商品知識の勉強会を盛んに行っていました。ある社長さんに忘れられない言葉を頂きました、「あなたがA社製品を持ってくるから、うちはA社製品を売っているんだ、あなたがB社製品を持ってくるんだったら、うちはB社製品に力を入れるよ」。  単なる相談に終わるのではなく、現場に入って一緒に考えたり、同行セールスを行うくらいのお手伝いができればと考えておりますので、よろしくお願い致します。

このアドバイザーの他の経験

プロフィール詳細を見る