農作物(物流網構築や6次産業化)における流通経路の確立や食品加工場の運営についてお話できます

  • 食品卸(農作物)
  • 経営者

経験内容

【アグリ事業部】
契約栽培(京野菜を中心に加工用の野菜を生産)
受託作業(農業全般から獣害対策・農機斡旋から中古車販売・古民家紹介まで就農をトータルにサポート)
観光農園(インバウンド)サポート
【6次産業化部門】
生産者団体「天と地と」PROメンバーの野菜を加工して国内外へ販売
【アグリ・マーチャンダイジング事業部】
生産者団体「天と地と」加盟農家の野菜をブランディング化・包材デザイン・ラベルデザイン
【生産者団体「天と地と」の事業活動】
京都の丹波・丹後を中心とした生産者との協働生産

どちらでご経験されましたか?

【アグリ事業】農業生産法人 株式会社ダイアスポラ
・契約栽培(京野菜を中心に加工用の野菜を生産)
・受託作業(農業全般から獣害対策・農機斡旋から中古車販売・古民家紹介まで就農をトータルにサポート)
・観光農園(インバウンド)サポート
【6次産業化部門】連結子会社/株式会社よさの
生産者団体「天と地と」PROメンバーの野菜を加工して国内外へ販売
【アグリ・マーチャンダイジング事業部】連結子会社/株式会社ヘンブンアンドアース
生産者団体「天と地と」加盟農家の野菜をブランディング化・包材デザイン・ラベルデザイン
【生産者団体「天と地と」の事業活動】
京都の丹波・丹後を中心とした生産者との協働生産

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

よさの/執行役員   2015年2月 - 2018年1月
現在は株主として事業報告を受ける

その時どのような立場や役割でしたか?

代表執行役員として事業全体を統括

得意な分野・領域はなんですか?

・物流拠点(センター)の運営、物流網の構築
・食品加工場の運営

この分野は今後どうなると思いますか?

このスキームを海外展開する余地は十分にあると思います。

誇りに思う成果はなんでしたか?

当社が開発した与謝野トマトソースが2016年フードアクションアワードにおいて日本の逸品百選に入賞

地域

旭川、会津、関東、関西、岡山、熊本、鹿児島、シンガポール、香港、台湾、ラオス、ベトナム、ミャンマー、マレーシア、インドネシア、ウラジオストク

役割

事業開発/拠点立ち上げ/物流網構築/栽培知識/海外法制度の把握

規模

パート社員を含めると140名、全国の大手スーパーなどに納品

期間
2010年 〜 2018年頃
関連する職歴
  • 株式会社ダイアスポラ 代表取締役

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

株式会社ダイアスポラ / 代表取締役

プロフィール詳細を見る


自己紹介

□株式会社ダイアスポラ
・農業生産法人経営(酒米・水稲・果菜類・葉菜類・果樹・花卉全般を生産)
・海外(ロシア・ベトナム)での農場運営
・フライングファーマーとしてコンサルタント(ミャンマー・インドネシア・マレーシア)
◇子会社「きのこぽこぽこ株式会社」
・菌床椎茸栽培
・菌床パック生産流通
・原木椎茸栽培
◇非連結子会社「丹波再生可能エネルギー調査協会」
・森林賦存量調査
・バイオマス発電
・樹木医
◇子会社「株式会社よさの」
・物流マネジメント(全国へ出荷物を運ぶために運送会社をM&A)
・食品加工工場運営(地域食材を地元を巻き込み開発)
・農産物直売所運営(与謝野町)
◇子会社「株式会社サムシングレート」
・インバウンド向けの観光事業の推進
・海外での宣伝販売(シンガポール、香港)、輸出入、店舗出店(台湾)など
・商品デザイン・店舗デザイン
◇子会社「コト起こし未来塾」
・出版事業
・地域活性化事業

職歴

  • 株式会社ダイアスポラ /代表取締役

    2010/11 2018/1

他の経験