自動車会社及び外資系大手シートメーカーでの車両部品開発並びにグローバルプログラムマネージメントついてお話できます

  • 製造業
  • 新規事業/R&D
  • 経験内容

    日産自動車と大手外資系自動車シートメーカーにおいて経験した、グローバル環境下での
    シャシー部品開発業務、新型車両のプログラムマネージメント業務及びシート部品などのプログラムマネージメント業務に関して、お話しできます。
    1) 1983-1989年、日産自動車テクニカルセンター、シニアエンジニア
    シャシー設計開発業務、特にブレーキ、パワーステアリングと
    スチール及びアルミホイール部品
    UK 製プリメーラでは、日産で初めて、欧州サプライヤーと現地製ブレーキとステアリングを開発並びに採用し、
    欧州カーオブザイヤーを受賞した。
    2)1990-1993年、日産自動車テクニカルセンターノースアメリカ、アシスタントマネージャー
    10人の米人エンジニアと共にアルティマ、セントラ、フロンティア用のシャシー部品の現地化開発業務により、大幅な
    コスト削減を達成した。
    3) 1994-2007年、日産自動車テクニカルセンター、プロジェクトマネージャー
    グローバルに展開しているパルサー、サニー、プリメーラ、ブルーバード及びシルフィに関して、
    商品企画、開発リード、生産及び品質管理、利益管理
    並びに販売プロモーションに従事した。
    特に、シルフィは中国で月間4万台販売を達成している。
    4) 2007-2020年、グローバルシニアプログラムマネージャー
    シート、ワイヤリングハーネスを外資系大手自動車シートメーカーにて、グローバルの関係部署の責任者( 開発、生産、品質管理、購買、営業、利益管理))としてプログラムマネージャーに従事した。
    シートに関しては、10年間の経験があり、全ての分野(受注から、開発、生産及び品質管理、立ち上りとモデルライフマネージメントまで)のフェーズに渡り、実績があり、そのお話が出来ます。
    また、ファブリックやレザーのトレンド、シートに使っている
    フレームや機構部品、樹脂部品などに関してもお話できます。

    どちらでご経験されましたか?

    日本の日産自動車テクニカルセンター、日産自動車テクニカルセンターノースアメリカ、外資系大手Tire1シートメーカー日本本社

    いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

    1983-1989年:日産自動車テクニカルセンター

    1990-1993年:日産自動車テクニカルセンターノースアメリカ

    1994-2007年:日産自動車テクニカルセンター

    2007-2020年:外資系自動車シートメーカー日本本社

    その時どのような立場や役割でしたか?

    1)日産自動車テクニカルセンターで, グローバルプログラムのブレーキ及び
    ステアリング部品開発業務を
    をシニアエンジニアとして従事

    2)日産自動車でグローバルプログラム車種(パルサー、サニー、プリメーラ、シルフィ)のプログラムマネージメント業務
    をプロジェクトマネージャーとして従事

    3) シートやワイヤリングハーネスに関して、外資系部品メーカーにて、日本OEMの海外工場をリードするグローバルシニアプログラムマネージャーとして従事

    得意な分野・領域はなんですか?

    1) グローバルプログラムのシャシー部品開発業務
    特に、ブレーキ、ステアリングなどのシャシー部品

    2)グローバルプログラムの車両のプログラムマネージメント業務

    3)シートとワイヤリングハーネスのグローバルプログラムマネージ業務

    役割

    グローバルシニアプログラムマネージャー

    期間
    1983年 〜 2020年頃

    概要

    私の自己紹介をご覧いただきありがとうございます。
    日本とアメリカの日産自動車と大手外資系自動車部品メーカーでの経験や実績をお話する事で御社に少しでも貢献出来れば幸いです。
    どうぞよろしくお願いいたします。


    1) 日産自動車テクニカルセンターでの24年間に渡り、グローバル車種の車両部品開発経験( 主にシャシー部品) , 3年間のUSA 出向でのアルティマ、セントラルのシャシー現地化部品開発経験があります。

    2) 日産自動車テクニカルセンターで、プロジェクトマネージャーとして、グローバル新型車両の
    商品企画、開発取りまとめ、収益管理、生産及び品質管理、販売プロモーション等の目標達成責任者として、スキル並びに実績があります。

    3) 10年以上に渡って、数社の大手Tire 1外資系自動車シートメーカーにおいて、シートやワイヤリングハーネス部品に関して、グローバル
    プログラムマネージメント(開発、生産、コスト、収益管理、品質管理など)に従事し、スキル並びに実績があります。
    また、グローバルメンバー( USA,UK, China, ASEAN)をリードし、グローバルプロジェクトの
    立ち上げの成功に大きく貢献しました。

    職歴

    開示前(決済前には開示されます)