FabLab/ メイカーズスペースにおける運営についてお話できます

  • 新規事業/R&D

経験内容

2010年より設立メンバーとしてFabLabの日本への立ち上げ普及を推進。現在は、国内連携担当として、国内のファブラボおよびファブラボに興味を持つ個人・法人とファブラボの連携促進を通じ、市民のためのものづくりプラットフォームづくりに従事しています。

どちらでご経験されましたか?

FabLab Japan Network 国内連携担当

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

2010年3月 〜 継続中

その時どのような立場や役割でしたか?

国内のファブラボおよびファブラボに興味を持つ個人・法人とファブラボの連携促進を通じ、市民のためのものづくりプラットフォームづくりに従事。

得意な分野・領域はなんですか?

3Dプリンターや工作機械を持つ工房およびコミュニティの活性

この分野は今後どうなると思いますか?

以前のようなメイカームーブメントは一段落し、その中から少しずつ小さいながらも実績を残す個人・法人が生まれつつあり、中長期的にはいろいろと可能性を秘めていると思います。

誇りに思う成果はなんでしたか?

2010年グッドデザイン賞受賞(社会基盤設計)
http://www.g-mark.org/award/describe/39445

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


自己紹介

政令指定都市にて産学官連携の産学官連携のまちづくり、その中でもシェアリングエコノミー、P2Pエネルギー、地域通貨といった次世代事業の公共実証実験に従事。2018年度には国の情報銀行制度に先駆けた実証実験として、住民の各種パーソナルデータ(個人情報)を管理するデータベースを運用するとともに、行政等のオープンデータと組み合わせて活用することで、地域住民の新たな価値体験を促すようなまちづくりの戦略やサービスづくりの支援を行っている。

以前は、主に地方自治体を中心に総合振興計画(マスタープラン)等の調査・分析・計画策定に従事。2015年からは政府の地方創生政策における地方版総合戦略策定や、観光立国方針を受けた観光戦略策定も携わっていました。

そのほか、外資系企業にて、日本MS社、R社等の大手企業を中心に、事業の中長期戦略のためのKPIの指標設計から、必要なリサーチ設計、データの分析と戦略のプランニングまで関連業務に携わった経験もあります。

社外では、2010年より市民のためのものづくりプラットフォームの運営に携わり、あらたなクリエイティブの流れと都市計画や社会政策との橋渡しを行っています。

職歴

開示前(決済前には開示されます)