行政とのコラボレーション(協働の提案から実施、報告) について、お話できます。

謝礼金額の目安 直接アドバイザーにお問い合わせください

経験内容

  • 市場調査
  • 事業開発

近年、研究開発や新規事業立案の分野を中心に、公共での実証実験を行政と協働で行う事例が増えていますが、新しい取り組みを進めたい企業やNPOと新たな住民サービスを望む行政の橋渡しを行っています。
直近の大きな事例ですと、総務省/経産省主導の新規事業の先行実証実験に携わっており、当該エリア住民のパーソナルデータ(個人情報)と行政等のオープンデータを統合するデータベースを運用するとともに、各種データを組み合わせて活用することで、地域住民の新たな価値体験を促すようなまちづくりの戦略やサービスづくりを支援しています。
そのほか、自治体関連の仕事は以前より携わっており、、地方自治体を中心に総合振興計画・地方創生総合戦略、観光基本計画といった各種行政計画の調査・分析・計画策定に従事した経験があります。

どちらでご経験されましたか?

行政、企業、大学等の産学官連携組織

得意な分野・領域はなんですか?

職種はIOTを中心とした新規事業開発、中でも利用者ニーズ把握からアイデア立案・検証のフェーズ。
業種はまちづくり・地域活性

この分野は今後どうなると思いますか?

行政においては、実際に、公共工事や公共施設管理と行った従来の分野のみならず、 ウェブサイト/映像制作、ITシステム構築運用、マーケティング戦略立案といった新しい分野においても、地域住民に対する新たな価値提案へのニーズは高まっています。一方で、企業やNPO側では、事業のシーズこそ持ち合わせているものの、その実現やさらなる展開にハードルを感じている声も少なくありません。
両者のニーズがマッチされ、民間と行政のコラボレーションが実現すれば、まちづくりや地域活性はさらに多様性を帯びると予想されます。

役割

新規事業の公共実証実験のマネジメント

規模

行政(政令指定都市)

期間
2018年 〜 現在

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

職歴:非公開


政令指定都市にて産学官連携の公共実証実験に従事。住民の各種パーソナルデータ(個人情報)を管理するデータベースを運用するとともに、行政等のオープンデータと組み合わせて活用することで、地域住民の新たな価値体験を促すようなまちづくりの戦略やサービスづくりの支援を行っている。 以前は、主に地方自治体を中心に総合振興計画(マスタープラン)等の調査・分析・計画策定に従事。2015年からは政府の地方創生政策における地方版総合戦略策定や、観光立国方針を受けた観光戦略策定も携わっていました。 そのほか、外資系企業にて、日本MS社、R社等の大手企業を中心に、事業の中長期戦略のためのKPIの指標設計から、必要なリサーチ設計、データの分析と戦略のプランニングまで関連業務に携わった経験もあります。 社外では、2010年より市民のためのものづくりプラットフォームの運営に携わり、あらたなクリエイティブの流れと都市計画や社会政策との橋渡しを行っています。

このアドバイザーの他の経験