上水道分野におけるGIS導入・活用について話せます。上水道の計画業務経験からideaをお伝えできます。

  • インフラ(水道)
  • コンサルタント/リサーチ

経験内容

当時は上水道分野では横須賀市等の先進事業体でGIS(マッピングと称されていた)の導入が始まった時期であり、当方で担当した業務でも当初はワークステーション版でのシステム開発、データベース作成を行った。
その後、パソコン版へ移設した状況までは関与していたが、WEB版やクラウド型へと流れていく時点でGIS関連業務から離れることとなった。
現在は上水道における計画策定を主業務として作業実施しているが、事業体の計画検討においてGIS等のシステム、データが活用できれば更に詳細で効果的な計画検討が可能となると考えるので、さらなる進化、普及に期待したい。

どちらでご経験されましたか?

株式会社日水コン

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

継続中

その時どのような立場や役割でしたか?

現場代理人として、顧客要望の受け口、システム開発部門との調整役として機能仕様やデータベース化に関する検討作業を担当。

得意な分野・領域はなんですか?

上水道における計画策定(ビジョン、基本計画、認可計画、更新計画等)

地域

東北支所

役割

地域担当者として顧客ニーズの把握、調整(技術サイド)

規模

全社員:約700人

期間
1992年 〜 現在
関連する職歴
  • 株式会社日水コン 課長

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

株式会社日水コン / 課長

プロフィール詳細を見る


自己紹介

上水道分野における計画業務に主として従事。
主な業務実績としては、認可申請、水利使用許可申請当の申請書類作成などの定型業務、県や市町村の水道事業ビジョン作成、更新計画作成などの業務がある。
過去には上水道におけるGIS開発にも従事していた。

職歴

  • 株式会社日水コン /課長

    2010/4 在職中