有機化学、高分子化学、エンプラビジネス、分析・解析、複合材料、プロセス化学等についてお話できます

  • 総合化学
  • 研究開発

経験内容

①基礎研究
 1)環境負荷の低いモノマープロセスの開発
 新規触媒設計、回収プロセス技術構築
 2)現在の業務
  極秘プロジェクトの為、開示不可。
  
②応用開発
 1)エンプラの複合材料開発
  開発の陣頭指揮をとり、毎年5〜7件のテーマを推進。
  毎年、複数件の国内外出願を実施。
  ※特許の中間処理を実施。
  エンプラのアジアプラントの新規プロセス導入。
 2)有機無機複合材料開発
  開発のコンサル的立場で、課題解決をサポート。
  塗膜の劣化現象から起きている機構を推定し、
  検証実験を実施。耐久性向上へ繋げ、事業化へ貢献。

どちらでご経験されましたか?

三菱化学、三井化学、住友化学、旭化成、信越化学、昭和電工、宇部興産のうちの一社。

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

現在、11年目。

その時どのような立場や役割でしたか?

開発責任者

この分野は今後どうなると思いますか?

化学業界は国内市場は縮小傾向。海外では拡大する。
ただし、研究開発機能は国内アジアに残ると思われる。

得意な分野・領域はなんですか?

化学系の研究開発、エンプラ、反応、重合、評価解析、知財

一番誇りに思う成果はなんでしたか?

開発したエンプラの上市、複合材料の上市、新規プロセスの移管。開発材の知財ライセンス化。

地域

日本

役割

研究開発責任者

規模

現在、約30000人

期間
2008年 〜 現在

自己紹介

始めまして。
モノマーや、高分子であれば、力になれると思います。現在は極秘プロジェクトのため、開示できませんが、新規事業提案案件の創出も一緒にやっています。

職歴

開示前(決済前には開示されます)