建設業界における施工管理業務の効率化(ICT化等)、モチベーションマネジメントについてお話できます

  • 建設(ゼネコン)
  • エンジニア

経験内容

建設現場のICT化は、2012年頃からスーパーゼネコンを中心に進んできているが、2010年から先駆けて自現場でスマートフォンを利用した施工管理業務の効率化に取り組むなど、独自の発想で施工管理という業務を追求してきました。また、建設プロジェクトを成功に導くために最も重要なのは、これら業務の効率化ではなく、
現場作業に携わる職人や関係者のベクトルを高いレベルで統一することであり、その為のコミュニケーションスキルや、モチベーションマネジメントについては社内外より高い評価を頂いておりました。

どちらでご経験されましたか?

大林組 Engineer

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

2008年4月 〜 2015年3月

その時どのような立場や役割でしたか?

現場係員~所長代理まで携わっておりましたので、実務者として施工管理業務の効率化を追求する一方で、決裁権限をもって現場統括管理も行っていました。

得意な分野・領域はなんですか?

①施工管理業務の効率化
②協力業者をやる気にさせるコミュニケーション術
③プロジェクトメンバーの力を引き出すモチベーションマネジメント

この分野は今後どうなると思いますか?

世界規模でAI・自動化の普及が進む中にあって、建設業界においても様々なICT化による業務効率化は今後も進んでいくと考える。一方で、建設プロジェクトを成功に導く要素には、自動化されない”人”としてのスキルが大きくかかわってくるため、今後はこういったスキル支援・能力開発の分野も注目されていくだろう。

誇りに思う成果はなんでしたか?

各方面から無理だと思われた超短工期の現場を、協力業者の能力を引き出すモチベーションマネジメント・徹底した施工管理業務の効率化によって工期内の竣工・引き渡しを成功させたこと

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

しらかわ工芸社 / 代表取締役

プロフィール詳細を見る


自己紹介

はじめまして、神戸生まれ、神戸育ちの中根よしまさと申します。
福井県での大学生活を経て、(株)大林組に就職。千葉、宮城、岩手、山形、福島各地で建設現場の施工管理に携わる。現在は地元神戸市にて、地域密着企業として実父の経営するリフォーム会社で自らに課せられた使命を果たすべく鋭意邁進中です。
こんな方のお役に立てます⇩
・後悔しないリフォーム工事、10年先も安心できる住まいづくりがしたい方
・暮らしのことで何かあった時に頼れる存在が欲しい方
・お家が寒くて困っている方
・なぜか現場がうまくまとまらないゼネコン社員さん
・投資物件の雨漏り予防、外観維持、資産価値向上を考えたい方

職歴

  • しらかわ工芸社 /代表取締役

    2017/10 在職中

  • 大林組 /Engineer

    2008/4 2015/3

  • 兵庫県中小企業家同友会