私大医学部進学における英語学習法とコーチングについてお話できます

謝礼金額の目安 直接アドバイザーにお問い合わせください

経験内容

  • 専門職

日本医科大学、杏林大学、獨協医科大学、北里大学、東邦大学医学部、昭和大学医学部、埼玉医科大学、聖マリアンナ医科大学、東京女子医科大学、東海大学医学部、帝京大学医学部、川崎医科大学(国公立は含まず)に2浪以上の生徒を合格させている。そのためには、生徒および父兄の「学習に対する意識変化」が必要であり、従来の「上から重箱指導」を認めていない。中小の医学部塾、予備校での合格率アップのための教務、業務改善にたいする革新的なコンサルティングを得意とする。



■ どちらでご経験されましたか?
学校法人高宮学園代々木代々木ゼミナール元英語科講師・医学部予備校個別指導YES主催。



■ いつごろ、何年くらいご経験されましたか?
代々木ゼミナール講師は1989年から2014年1月まで。2014年4月より、医学部予備校個別指導YESを開講し、現在に至る。医学部受験生の指導は、25年に及ぶ。



■ その時どのような立場や役割でしたか?
代々木ゼミナール英語科講師として、原宿校、個別指導スクールメディカルコースでの指導、およびテキスト企画作成。



■ 得意な分野・領域はなんですか?
医学部多浪生の英語と学習コーチング。



■ この分野は今後どうなると思いますか?
医学部新設校の認可に伴い、今後、医師の子弟以外の受験生の増加が予想される。国内における医師免許の価値の再認識とともに、医学部受験が子どもの将来への大きな投資という意識が高まり、再受験生も含め、受験母集団の質も変化する。その流れの中での、過年度生の受験はさらに難化し、根本的な戦略性が求められるだろう。



■ 誇りに思う成果はなんでしたか?
教材の質と量、時期における適切性を十分に考慮し、コーチングと心理学を応用した授業マネジメントと戦略性により、多くの3浪以上の生徒を医学部合格に導いたこと。

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ