企画でお困りの方!アイデアマンが智恵と工夫の『3ポイントで攻める 三位一体の企画作成』についてお話します。

謝礼金額の目安(1時間あたり) 13,000

経験内容

  • 営業/マーケティング

《企画書づくりのお手伝い!あなたのプランニング(企画立案)をサポートします!》
これまでに2,000件を超す企画を実現しながら、気づいたことがあります。
それは、与えられた課題が「人」であれ「モノ」であれ「こと」であれ、そこには共通して3つの要素が潜んでいると言うことでした。
相乗効果が発揮できるようにそれを三位一体で考えると、具体策に結び付く「答え」が存在することに気づきました。
そこから、独自ツール『三位一体企画フォーム』は生まれました。
目の前の企画テーマ(=課題)から、3つの要素が抽出できれば Win !
どうぞ、お気軽にお声をおかけください。
<実際のイベント企画もオプションで承りますので、こちらもお気軽にご相談ください。>

どちらでご経験されましたか?

老舗百貨店とその地域を中心に様々な企画に携わり、大学でも教鞭を取りながら演劇の舞台など文化的な活動も行っています。

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

☆現在、個人事務所「Y’sプロデューce」を主宰しつつ下記a~dを継続中。
a:三越日本橋本店(1979年より現在)
b:日本橋(東京都中央区)地域団体(1990年より現在)
c:神田外語大学(2014年4月より現在)
d:劇団ひまわり 砂岡事務所(2013年10月より現在)

その時どのような立場や役割でしたか?

a:百貨店では全店のイベントを担当し、b:地域は中央区の会議体や日本橋地元団体の委員として活性化に努めます。
c:大学では、 キャリア教育の一環として『イベントプロデュース』をカリキュラム化した単位授業を行い、
d:劇団とは、演劇を中心とした文化に関わる企画のネージメント契約結んで活動しています。

得意な分野・領域はなんですか?

a:イベント全般と「人・モノ・こと」プロモーションの企画立案&オペレーション。
b:文化を機軸とした産.学.官連携による地域活性化(まちおこし)の企画立案&アドバイス。
c:イベントプロデュース「コンセプトワーク・仕込み・オペレーション」の講義。
d:三位一体型の独自手法による戦略的な企画の組立て。

この分野は今後どうなると思いますか?

文化庁が実現を目指す「文化芸術立国」のヴィジョンに沿って、中期的には2020年を視野に今後様々な企画に於いて、『文化』と言うキーワードが一層注目されて来ると思います。これらが、「日本文化」の見直しや発掘の気運を高めて幅広い業種・業態のチャンスに繋がり、ビジネスにも文化を機軸としたプロデュース力が求められてくると思います。

誇りに思う成果はなんでしたか?

書籍『ここに日本がある』(2016年 IBCパブリッシング刊)をプロデュースして、「日本文化」の一つの形を社会に顕せたことです。

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

Y’sプロデュース(ワイズプロデュース) / 個人事務所主宰


三位一体のコンセプトを用いて、独自の企画ツールでプランニングを行うコンセプター。 百貨店に於いて多岐にわたるイベントやマーケティング企画、地元地域活性化のプランニング・運営を中心に活動し、さらに大学でもキャリア開発の授業を行い加えて劇団と契約するなど、現在「文化」をテーマとした多くの企画を手がけ各方面から信頼をいただいております。 <1979年 三越(当時)に入社し、三越劇場を経て全店のイベント企画及び日本橋地域活性化担当を務める。 2004年 三越日本橋本店新館のオープニングイベントを統括し、百貨店初の歌舞伎の宙乗りや、総勢百人に及ぶ振袖での同時琴演奏など行いお客さまをお迎えする。 2006年 日本橋橋上にて、小池百合子環境大臣(当時)と故市川團十郎丈による「打ち水」を実現し、2011年 環境省のスーパークールビズ立上げ時に、現役を含む歴代環境大臣による啓蒙イベントを実施し複数年継続する。 2013年 個人事務所を立ち上げると同時に、自らの出演を兼ねた演劇公演の共同プロデュースを行う。 地域に於いては、中央大通りの大パレードの例年開催や、中央区「観光商業まつり」に官民連携で取り組み、2014年 世界各国のミス・インターナショナル全員の招聘、2015年 ラ・フェスタ・ミッレ・ミリア(ラリー)の「日本橋」橋上コースを実現する。 2016年 書籍『ここに日本がある』をプロデュースし「日本文化」の一つの形を示す>

このアドバイザーの他の経験

プロフィール詳細を見る