海外子会社の運営におけるガバナンス規程の作り方、現地幹部への権限移譲の進め方について話せます

  • システムインテグレーター
  • 経営企画/経営管理

経験内容

・海外子会社における子会社内部での権限移譲規定の策定と運用(運用管理責任者として推進した経験あり)
・親会社から子会社への権限移譲についての詳細規定の策定と子会社取締役会における当該規定の運用推進(運用事務局として推進した経験あり)

どちらでご経験されましたか?

大手製造業 企画部門 部長

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

1998年~2017年(20年)

その時どのような立場や役割でしたか?

海外子会社管理部門の担当マネージャーとして、実際の決裁規程の作成や運営に携わった。

得意な分野・領域はなんですか?

海外経営管理(経営戦略、財務管理、人材マネジメント等)

この分野は今後どうなると思いますか?

日本企業の海外進出が進展することにより、ローカルマネジメントへの権限移譲が進んできている。この中で、権限移譲のルールを明確化することが事業運営のリスクを減らす上で必須となってきている。

誇りに思う成果はなんでしたか?

経営戦略、商談管理、財務管理、人材管理、工場管理など経営の様々な分野における各種権限移譲ルールを策定し、網羅的なポリシーを策定することができた。

地域

国内、米、英国、ドイツ、フランス、ポルトガル、ロシア、中国、ベトナム、オーストラリア他

役割

マネジメント経験

規模

150,000人規模のグローバル企業

期間
1998年 〜 2017年頃
関連する職歴
  • 富士通株式会社 経営戦略室/室長代理
  • 富士通株式会社 グローバル戦略本部/部長~統括部長
  • 富士通株式会社 英国子会社/General Manager of Corporate Planning , CFO

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

トミーグローバルコンサルティング / 代表・中小企業診断士

プロフィール詳細を見る


自己紹介

長年、大手IT・製造業に勤務し、現在は経営コンサルタントとして主に中小企業のM&A,事業承継、事業再生、海外展開などを支援。
・経験分野
 国内外におけるM&A、海外合弁事業、海外子会社の経営管理(経営戦略、人事労務、経理財務)
・海外事業の経験豊富
・海外MBA卒業
・英語業務可(商談・契約交渉可能、実用英語技能検定1級)
・中小企業診断士
・金融検定協会認定 事業再生マネージャー
・事業承継協会認定 事業承継士
・中小企業基盤整備機構 経営支援アドバイザー

著書:「専門家のための事業承継入門 事例で学ぶ! 事業承継フレームワーク」(共著)
寄稿:毎日フォーラム2019年2月号「黒字廃業防ぐ事業承継 インバウンドM&Aが救世主の可能性」

職歴

  • トミーグローバルコンサルティング /代表・中小企業診断士

    2017/12 在職中

  • 富士通株式会社 /経営戦略室/室長代理

    2009/9 2017/12

  • 富士通株式会社 /グローバル戦略本部/部長~統括部長

    2004/7 2009/8

  • 富士通株式会社 /英国子会社/General Manager of Corporate Planning , CFO

    1999/5 2004/6

他の経験