人材・求人・転職業界における企業理念・経営戦略の策定についてお話できます

謝礼金額の目安(1時間あたり) 15,000

経験内容

  • 業務支援

■ 経営企画職
 経営企画に係る職務全般。



<業績成果>
リーマンショック以降 7期続けて前年を下回っていたものの、現職に就いて以下を推し進め、1年半で当時の水準まで回復させる。就任前比 139%



1.企業理念領域
 □ 企業理念(ミッション・ビジョン・バリュー・クレド)の再構築・浸透
 □ CI(タグライン・シンボルマーク・ロゴタイプ・コーポレートカラー)の刷新・改訂
 □ ブランドプランの起案
 □ コミュニケーションツールの制作・展開



2.戦略策定領域
 □ 成長戦略および中長期経営計画の策定
 □ ポートフォリオ・ドメイン・ビジネスモデルの再設定
 □ 戦略実現に要する M&A・事業提携・協業(アライアンス)の推進
 □ 新規事業(補完互恵事業)の企画、および 事業計画の起案
 □ 経営資源の精査と配分の最適化



3.目標管理領域
 □ 経営戦略目標の設定
 □ 年次(短期)経営計画の策定・遂行
 □ ビジネスプラン・マーケティングプランの起案
 □ 目標管理制度および管理会計制度の構築・運用
 □ 予算編成・予算統制
 □ 予実管理および、その差異分析
 □ 業績目標(定性・定量)のモニタリング
 □ 年次・月次・半期・四半期のレポーティング
 □ 事業計画の評価・改廃



4.経営再生領域
 □ 戦略に応ずる組織再編・人員配置
 □ BPRの立案・推進
 □ 利益・顧客満足・人時生産性の向上のための対策
 □ 経営課題の抽出と改善施策の立案・実行
 □ 不振対策要領の標準化、ナレッジの収集と蓄積
 □ 業務改革(プロセスイノベーション)と収益改善(トータルコストダウン)
 □ 経営幹部社員に対する教育 : ワークアウト・ケーススタディ
 □ 社員に対する意識改革のための教育 : リーダーシップ、チームビルディング、メンタルヘルスケア



5.企画開発領域
 □ 戦略の具現化に資する企画・開発の計画立案
 □ 営業企画・商品企画・販促企画の立案と実行
 □ マーチャンダイズプランの起案
 □ 需要に対する供給体制・調達手法の確立
 □ タスクフォース・アドホックプロジェクトの統括と推進
 □ 複数部門に係る業務遂行のための調整・インナーディレクション
 □ 時事規制(法改正など)に対抗する企画の展開、その遂行支援
 □ 企画・開発の効果測定および検証



6.広報活動領域
 □ PRストーリーの起案
 □ 企業情報の開示
 □ ニュースリリースの作成・配信
 □ コーポレートweb および SNS の更新・運用
 □ 各種メディアの取材応対および折衝
 □ 全社の重要事項に係る総合窓口応対
 □ レピュテーション(レビュー・クチコミ)の収集および管理
 □ 企業価値向上のためのCSR推進



7.制度構築領域
 □ 人事評価制度の設計・運用、および 定着支援
 □ 階層別教育制度の設計・導入
 □ 職務分掌・業務分掌の整備、伴う責任と権限の規定
 □ ワークフローの精査と改善
 □ 各種社内規定の整備および、その更新・管理
 □ コーポレートガバナンス・リスクマネジメントの推進
 □ 内部統制の設計・導入
 □ PMS(個人情報保護)の認定申請・審査対応
 □ 全社員に対する個人情報保護教育の実施・評価
 □ 時事規制(マイナンバー・ストレスチェックなど)の対応・制度構築



8.意思決定領域
 □ 成長戦略および経営計画に資する施策の検討・提言
 □ 意思決定体系の設計・運営
 □ 主要会議体(経営会議・戦略会議)の執行・主催、および 事務局業務
 □ 各種議事のファシリテート・プレゼンテーション・レポーティング
 □ 社内外の情報(業界動向・外部環境・競合他社など)収集・整理
 □ 市場調査・分析、および 市場予測
 □ M&A・事業提携・協業(アライアンス)に係る企業の調査および分析
 □ 経営陣・経営幹部に対する報告・アニュアルレポーティング



9.特命事項領域
 □ 特命事項の対応・解決



■ どちらでご経験されましたか?
業界中堅企業の経営企画室長



■ いつごろ、何年くらいご経験されましたか?
2014年05月より現在。



■ その時どのような立場や役割でしたか?
経営企画室長として、経営に係る職務全般を主導。



■ 得意な分野・領域はなんですか?
企業理念の再構築、経営戦略や中期経営計画の策定、意思決定体系の設計、目標管理、管理会計、組織再編、制度導入、等。

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

noname / Corporate Strategy & Planning Manager


■ 経営企画職  経営企画に係る職務全般。 <業績成果> リーマンショック以降 7期続けて前年を下回っていたものの、現職に就いて以下を推し進め、1年半で当時の水準まで回復させる。就任前比 139% 1.企業理念領域  □ 企業理念(ミッション・ビジョン・バリュー・クレド)の再構築・浸透  □ CI(タグライン・シンボルマーク・ロゴタイプ・コーポレートカラー)の刷新・改訂  □ ブランドプランの起案  □ コミュニケーションツールの制作・展開 2.戦略策定領域  □ 成長戦略および中長期経営計画の策定  □ ポートフォリオ・ドメイン・ビジネスモデルの再設定  □ 戦略実現に要する M&A・事業提携・協業(アライアンス)の推進  □ 新規事業(補完互恵事業)の企画、および 事業計画の起案  □ 経営資源の精査と配分の最適化 3.目標管理領域  □ 経営戦略目標の設定  □ 年次(短期)経営計画の策定・遂行  □ ビジネスプラン・マーケティングプランの起案  □ 目標管理制度および管理会計制度の構築・運用  □ 予算編成・予算統制  □ 予実管理および、その差異分析  □ 業績目標(定性・定量)のモニタリング  □ 年次・月次・半期・四半期のレポーティング  □ 事業計画の評価・改廃 4.経営再生領域  □ 戦略に応ずる組織再編・人員配置  □ BPRの立案・推進  □ 利益・顧客満足・人時生産性の向上のための対策  □ 経営課題の抽出と改善施策の立案・実行  □ 不振対策要領の標準化、ナレッジの収集と蓄積  □ 業務改革(プロセスイノベーション)と収益改善(トータルコストダウン)  □ 経営幹部社員に対する教育 : ワークアウト・ケーススタディ  □ 社員に対する意識改革のための教育 : リーダーシップ、チームビルディング、メンタルヘルスケア 5.企画開発領域  □ 戦略の具現化に資する企画・開発の計画立案  □ 営業企画・商品企画・販促企画の立案と実行  □ マーチャンダイズプランの起案  □ 需要に対する供給体制・調達手法の確立  □ タスクフォース・アドホックプロジェクトの統括と推進  □ 複数部門に係る業務遂行のための調整・インナーディレクション  □ 時事規制(法改正など)に対抗する企画の展開、その遂行支援  □ 企画・開発の効果測定および検証 6.広報活動領域  □ PRストーリーの起案  □ 企業情報の開示  □ ニュースリリースの作成・配信  □ コーポレートweb および SNS の更新・運用  □ 各種メディアの取材応対および折衝  □ 全社の重要事項に係る総合窓口応対  □ レピュテーション(レビュー・クチコミ)の収集および管理  □ 企業価値向上のためのCSR推進 7.制度構築領域  □ 人事評価制度の設計・運用、および 定着支援  □ 階層別教育制度の設計・導入  □ 職務分掌・業務分掌の整備、伴う責任と権限の規定  □ ワークフローの精査と改善  □ 各種社内規定の整備および、その更新・管理  □ コーポレートガバナンス・リスクマネジメントの推進  □ 内部統制の設計・導入  □ PMS(個人情報保護)の認定申請・審査対応  □ 全社員に対する個人情報保護教育の実施・評価  □ 時事規制(マイナンバー・ストレスチェックなど)の対応・制度構築 8.意思決定領域  □ 成長戦略および経営計画に資する施策の検討・提言  □ 意思決定体系の設計・運営  □ 主要会議体(経営会議・戦略会議)の執行・主催、および 事務局業務  □ 各種議事のファシリテート・プレゼンテーション・レポーティング  □ 社内外の情報(業界動向・外部環境・競合他社など)収集・整理  □ 市場調査・分析、および 市場予測  □ M&A・事業提携・協業(アライアンス)に係る企業の調査および分析  □ 経営陣・経営幹部に対する報告・アニュアルレポーティング 9.特命事項領域  □ 特命事項の対応・解決

プロフィール詳細を見る