太陽光発電所における建設工事(特に造成工事から仮設計画・基礎工事等)についてお話できます

謝礼金額の目安 直接アドバイザーにお問い合わせください

経験内容

  • 専門職

守秘義務に抵触する恐れがあり個別の詳細は記載できませんが、太陽光発電所の建設は、出資者/地権者/デベロッパー/行政/電力会社/建設業者と複数の利害関係者が絡む開発行為でありその調整が重要になります。
また、各種許認可や届出等の調整等に関しても複雑に行われており、技術士(建設部門)の建設技術に関する知識や宅地建物取引主任者試験合格による知識、これまでの受注者としての経験やコンストラクションマネージメントの経験が有効に発揮されているものです。



■ どちらでご経験されましたか?
再生可能エネルギーにおけるIPP(独立系発電事業者)の発注者側技術者として、発電所の建設時における請負者の監理・指導を行っています。



■ いつごろ、何年くらいご経験されましたか?
2015年4月から継続中



■ その時どのような立場や役割でしたか?
発注者のエンジニアとして、一部マネージメントを含む社内コンサルタントとしてプロジェクトマネージャーへのサポートおよび請負業業者への品質・工程及び安全に関する直接指導。
また、技術的観点での発注・支払いに関する承認



■ 得意な分野・領域はなんですか?
土木工事関連
プロジェクトマネジメント関連



■ この分野は今後どうなると思いますか?
太陽光発電分野については、ここ数年バブルのような活況を呈していましたがFIT価格の低下に伴い大規模なものは長期投資対象となりにくく、地方自治体の振興策や企業の遊休地や未活用個所の有効活用としての道を模索すると思われます。



■ 誇りに思う成果はなんでしたか?
275MWdcの造成・建設工事に関与し、そのうち139MWdcが商業運転を開始しています。
そして現在も172MWdcの案件が進行中です。

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

職歴:非公開


総合建設業で、公共工事の現場代理人及び監理技術者として現場管理を行い、現場での全体管理や統括所長として複数現場の運営の経験を有しています。 民間建設工事においてもコンストラクションマネジメント・ファシリティマネジメントによるプロジェクトの効率的な運営やステークホルダーとの調整、施工業者の管理等のマネジメント経験も有しています。 社会インフラの維持補修に関しての現場経験も有しています。 現在は、太陽光発電所に関する事業者としての建設一般部分の監理を行っています。

このアドバイザーの他の経験

プロフィール詳細を見る