製紙業界におけるパルプの製造、セルロースナノファイバー、バイオリファイナリーについてお話できます

  • 新規事業/R&D

経験内容

王子で導入したパルプ化の装置のほとんどについて、研究サイドからサポートした。
 セルロースナノファイバーについては、その開発当初からプロジェクトに参加

どちらでご経験されましたか?

王子製紙(株)パルプ製造現場、トラブルシューティング部門(工場)、研究所。この間二年間
スウェーデン王立工科大学に会社から派遣留学した。

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

パルプ製造現場 3年間、トラブルシューティング 2年間、研究所(パルプ化、古紙処理、パルプ漂白、廃棄物処理、セルロースナノファイバー)33年間

その時どのような立場や役割でしたか?

工場では、先輩の指導の下に、操業経験、トラブルシューティングの技法を学んだ。研究所では
 指導的な立場で、新規方法や設備のための実験を実施およに若手の指導を行った。

得意な分野・領域はなんですか?

パルプの製造、パルプの漂白、廃棄物処理、セルロース、リグニンの有効利用、古紙処理

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

王子製紙株式会社 / 研究所/主席研究員

プロフィール詳細を見る


自己紹介

木材から紙の原料となるパルプを作る工程、それを漂白する工程、パルプを作る際の薬品の工程、漂白から排液の処理工程、排水処理から排出される、それを燃焼した後の灰の処理工程などのプロセスに関わる研究および開発に約40年関わった。この間、
2年間、スウェーデンに会社から派遣され、パルプ化の研究を行った。

職歴

  • 王子製紙株式会社 /研究所/主席研究員

    2002/1 2011/12