ものづくりベンチャー企業・中小企業における助成金申請・審査の対応についてお話しできます

謝礼金額の目安(1時間あたり) 15,000

経験内容

  • 機械(半導体製造装置)
  • 研究開発

その時どのような立場や役割でしたか?

申請の責任者として、書類の作成・審査面談の対応・完了認定面談の対応を経験しました。また、大学との共同研究での申請経験もあります。2009年に1,700万円の助成を認定されました。
私自身ベンチャー企業に勤務していた経験があります。技術開発の責任者でしたので、以下の業務も行っておりました。
(1) 開発の日程および予算の計画の立案・進捗管理
(2) 大学との共同研究の推進・進捗管理
従いまして、助成を認定していただく上で、精度の高い開発計画を立案することができました。また、大学と共同で助成金の申請を行う機会があり、私が取り纏めを行いました。
2009年に、1,700万円の助成を認定され、海外市場への展開に成功しました。
キーワード: 申請書類、完了報告書、監査対応、資金調達、審査対応

得意な分野・領域はなんですか?

1.プレゼンテーション:
 技術に関しまして、お話しする方に応じたプレゼンテーションが得意です。以下、方々・場面で豊富なプレゼンテーションの経験があります。
(1) 助成金の審査面談
(2) ベンチャーキャピタルの方との面談
(3) 有料セミナーの講師
(4) 新規見込み顧客への技術説明(海外を含む)
(5) 展示会での技術説明
(6) 学会発表
2.助成金申請書類の作成
 決められたスペースに、最大限のPRを盛り込む工夫をしました。
 大学の先生との共同での申請の取り纏めも行いました。

この分野は今後どうなると思いますか?

世界の産業構造は引き続き変化していきます。新しい産業・雇用の創出が日本経済の衰退防止のために必要とされるでしょう。従いまして、助成金の募集も増えることはあっても、減ることはないと考えられます。

誇りに思う成果はなんでしたか?

申請の責任者として、書類の作成・審査面談の対応・完了認定面談の対応を経験しました。2009年に1,700万円の助成を認定されました。

どちらでご経験されましたか?

アクアサイエンス株式会社 技術開発部 部長

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

2006年12月 〜 2013年11月 7年間

地域

神奈川県横浜市

規模

社員20名のベンチャー企業にて、部下最大5名を指揮し、国内大手・韓国・台湾半導体メーカーへ半導体・太陽電池・LED製造装置を開発

期間
2007年 〜 2013年頃

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

職歴:非公開


ものづくりラボの専門家です。特に、中小企業での新規プロジェクト立上げを得意としております。 実験室レイアウトと工事・許認可申請・試験設備の選定と設置・試験手順の標準化・技術者の採用と育成・開発プロジェクトの指揮・化学分析と物理分析による故障解析と不良解析・特許技術と技術文献調査・特許出願と審査請求・新規顧客へのプレゼンテーション・助成金の申請と「ものづくりラボ」で発生するあらゆる問題の解決プロジェクトを経験しました。 (1) ベンチャー企業で、6年間の管理職・プロジェクトマネージャーの経験があります。  実質社長直属の部下として、経営を見て参りました。   1) 研究開発・技術開発の進捗・予算管理   2) 技術者の採用および部下の育成   3) 助成金による資金調達   4) 特許出願に関わる弁理士との打ち合わせ・登録に関わる審査官との面談 (2) 技術士(応用理学)の資格を有する国から認められたプロフェッショナル技術者です。   技術士は技術コンサルタントとして活躍できる資格です。   1) 化学と物理の知識・経験を製品・技術の開発に応用して参りました。   2) 異業種間での技術の移転に豊富な実績があります。 (3) 洗浄技術についてセミナーの講師の経験と著作(共著)があります。   1) 電子材料洗浄シンポジウム “蒸気と水の混合噴流による洗浄技術”   (日本能率協会主催)   2) “太陽電池ウェット処理技術の最前線”(電子ジャーナル主催)   3) “低コスト・低環境負荷洗浄技術”(技術情報センター主催)   4) “太陽電池ウェット処理技術の最前線”(電子ジャーナル主催)   5) “蒸気と希薄水溶液の混相流による洗浄技術”(日本産業洗浄協議会主催)   6) 日本産業洗浄協議会編“先端分野における洗浄技術“シーエムシー出版 (4) 電気化学関連で学会発表を行いました。   1) “高純度アルミニウム箔の電解特性に及ぼすCu含有量の影響”   (軽金属学会・第87回秋期大会)   2) “高純度アルミニウム箔の電解特性に及ぼすけい素含有量および    中間焼鈍温度の影響”(軽金属学会・第91回秋期大会)   3) “高純度アルミニウム箔におけるエッチング初期の電位-時間曲線と    静電容量” (軽金属学会・第98回春期大会)   4) “高純度アルミニウム箔におけるアノード分極と初期ピット” (軽金属学会・    第99回秋期大会) (5) 環境計量士(濃度関係)の資格を有する化学分析・物理分析のプロフェッショナルです。   1) 原因・現象の解明を最も得意としています。   2) 分析技術そのものの開発にも多く携わりました。   3) 分析装置の選定・設置・立上げ・作業の標準化に豊富な実績があります。    (XRR, TDS, ICP-MS, 電気化学分極測定, EIS, CVS, 色差計, キャピラリー電気泳動他) (6) 研究開発・技術開発で25年間の実績があります。電子部品(半導体・LED・太陽電池・コンデンサ・ディスプレイ・プリント基板・コネクタ)向けの素材・化学薬品・洗浄プロセス・分析技術の開発に携わりました。 (7) 行政機関への許認可申請折衝・折衝につきまして、毒物劇物一般販売業・輸入業・製造業の新規登録申請・公害防止条例に関する役所への届け出・労働安全衛生法に関する工事申請の経験が豊富です。 許認可申請に関しまして以下の資格を保有しています。  ・毒物劇物取扱者(製造業・輸入業・一般販売業の毒物劇物取扱責任者の経験)  ・公害防止管理者(水質第一種・大気第一種)     ・危険物取扱者(甲種)         1  ・乙種化学高圧ガス製造保安責任者  ・甲種防火管理者  ・防災管理者 (8) 特許・知財に関する業務経験が豊富です。  ・特許明細書の作成  ・特許審査官との面接  ・選考出願調査  ・大学との共同出願

このアドバイザーの他の経験

プロフィール詳細を見る