システムズ・エンジニアリング(SE/MBSE)開発プロセス構築&製品のモジュラー・デザインについてお話しできます

  • 製造業
  • 新規事業/R&D
  • 経験内容

    ● 1988~2015年:日産自動車株式会社勤務
     ・主に、パワートレイン開発本部パワートレイン(PT)計画部にて、エンジン、トランスミッション、
      ドライブトレインのシステム・アーキテクチャ設計を担当,最終職位:部長職,日産のほぼ
      全車両プロジェクト開発に従事(クルマの開発全体の知識を蓄積)
     ・日産と仏ルノー社との車両共通プラットフォーム(CMF)開発兼務,日産サイドPT領域リーダー
      (クルマのモジュール設計の知見を蓄積)
     ・日産デジタル開発プロセス(V3P)構築兼務,PT領域開発プロセス構築リーダー
     ・東京大学ものづくり経営研究センターと「アーキテクチャ分析手法」共同研究
      (製品アーキテクチャの見える化とその複雑さの数値評価手法を構築)
    ● 2011~2015年:ジヤトコ株式会社移籍, 日産自動車兼務
     ・CVT(無段変速機)のシステム信頼性実験を担当,職位:部長職(変速機の実験体系の知識を蓄積)
     ・CVTの IoT&デジタルツイン・システム構築
    ● 2016~現在:(株)システムデザイン研究所設立, 代表取締役
     ・システム・アーキテクチャ設計、システムズ・エンジニアリング(SE/MBSE)手法開発プロセス構築支援
     ・製品の複雑さの見える化、数値評価、最適化(モジュール化)支援

    どちらでご経験されましたか?

    日産自動車株式会社パワートレイン開発(構想企画、システム設計、部品設計)
    ジヤトコ株式会社自動変速機開発(システム信頼性実験)

    いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

    ・自動車:1988年から27年間
    ・自動変速機:2011年から4年間

    その時どのような立場や役割でしたか?

    ・自動車:ほぼ同じ業務を、実務担当者から部長職になるまで継続した
    ・自動変速機:部長職として、実験プロセス改革&実験技術再構築を主導した

    得意な分野・領域はなんですか?

    システムズ・エンジニアリング(SE/MBSE)開発プロセス構築支援
    構想企画戦略の立案、プロセス改革、慢性的難課題の解決支援
    製品の複雑さの数値評価
    人財育成プログラムの構築支援

    地域

    日本、欧州、北米他

    役割

    設計の部長職として車両(パワートレイン)開発実務に従事

    規模

    社員数約14万人、その他 仏ルノー社および独ダイムラー社

    期間
    1988年 〜 現在
    関連する職歴
    • 株式会社システムデザイン研究所 代表取締役
    • 日産自動車 部長
    • ジヤトコ 部長