社員・家族の健康管理・健康支援の企画・実施、コラボヘルスについて話せます

アドバイザー

氏名:開示前


経験内容
健康保険組合の常務理事(2009年3月より2021年4月)、母体企業の健康管理部長(2017.4月まで兼務:2年)として、社員・家族の健康リスク分析・健康管理・健康支援について分析・企画・実行を経験しました。
あわせて健康経営エキスパートアドバイザーの資格を生かし、事業所と協働で健康経営の基盤づくりを試行。
また、として社員健康管理施策の企画・実施を経験。
具体的な活動としては
1)社員・家族の疾病リスク分析に基づき健康管理・支援活動の企画と運営
2)特定健診・特定保健指導の効果的運用に関する企画と実践
3)データヘルス計画の作成・実践
4)コラボヘルスの実践(健康保険組合常務理事・母体企業の健康管理部長の兼務経験(2017.4まで)において)
5)ストレスチェック・メンタルヘルスの実施と対応
6)産業医・保健師を中心とした産業保健体制の構築
7)健保を取り巻く諸問題の対応と実践
8)保健事業の採用プロセス、業者選定基準、実施選定基準の実践
9)種健康支援策及びアプリ等の入と効果測定の実施
10)健康経営導入の企画・支援
                            を実践
関連する保有資格
1)中小企業診断士
2)キャリアコンサルタント
3)健康経営エキスパートアドバイザー

■その他
この分野は今後どうなると思いますか?: 健康管理・支援分野は、健康経営・働き方改革の進展に伴いより強化・注目される見込みです。
誇りに思う成果はなんでしたか?: 1.加入員の健康度に関してリスク分析を行い、全体像および個別介入しやすい仕組みを作った。
2.加入企業とともに社員の健康管理の仕組みを改革した。
3.限られた資源(マンパワー・財産など)の中で健康支援の仕組みを構築した。
4.医療費の管理・高齢者納付金などの削減・適正化を行い、健保経営の健全化を行った。
5.取引先様と加入者にとって効果がある保健事業の企画・実践を行い成果を上げた。
どちらでご経験されましたか?: 食品会社(加入者数3500名)の健康保険組合の常務理事(2009年4月より現在に至る)
および母体企業の健康管理部長(2017年4月迄兼務)
いつごろ、何年くらいご経験されましたか?: 健康保険組合の常務理事として2009年より、社員・家族の健康リスク分析・健康管理・健康支援について分析・企画・実行を経験しました。(現職)、あわせて健康経営エキスパートアドバイザーの資格を生かし、事業所と協働で産業保健の体制構築・健康経営の基盤づくりを試行。
また、母体企業の健康管理部長(2017.4月まで兼務:2年)として社員健康管理施策の企画・実施を経験。
その時どのような立場や役割でしたか?: 常務理事として決裁権限を保持し、自ら企画・運営を行っていた。
同様に母体企業の部長(2017.4まで)として決裁権限を保有していた。
得意な分野・領域はなんですか?: 社員・家族の健康リスク分析・健康管理・健康支援について分析・企画・実行の実績があります。
保健事業の決定プロセスと基準を意識し健康支援に成果を上げた。
健保を取り巻く諸問題への対応と実践
地域: 首都圏
役割: 健康保険組合常務理事として健康管理・支援業務の企画と実践
規模: 加入数3600名

プロフィール 詳細を見る


氏名:開示前

業務経験
・健康保険組合常務理事として社員・家族の健康管理・健康支援活動に従事
・中小企業診断士、キャリアコンサルタント、健康経営エキスパートアドバイザー
 などの保有資格を活用し、健康経営・働き方改革に従事


職歴

Reライフプランニング

  • 代表 2021/5 - 現在

健康保険組合

  • 常務理事 2009/4 - 2021/4

このアドバイザーのトピック

謝礼金額の目安

¥35,000 / 1時間

取引の流れ


似ているトピック