事業承継(M&A含)・資産承継(相続)・資産形成世代における国内金融、海外金融を組み合わせた三世代以上にわたる資産保全戦略など

  • 経営企画

経験内容

弊社は設立3年目の小さな会社ですが、私をサポートしてくれる強力なパートナーがおります。
何よりも「倫理観」を大切にし、「お客様の利益」を第一優先に考えてくれるパートナーだけが集まっておりますので安心してお気軽にご相談いただければと思います。
M&Aにおきましては弊社としては二社目、1社目は上場準備に入っております。
グループ会社は既に50社以上の上場サポートをしており、M&Aだけで見ても100社を超えます。

どちらでご経験されましたか?

株式会社 B.N.G.Consulting 代表取締役

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

2013 〜 継続中

その時どのような立場や役割でしたか?

金融機関と独立したプライベートバンカー(証券アナリスト協会)兼IFA(日本証券業協会)として、中立的な立場からお客様の企業の状況またはご家族の状況分析をし、「部分最適」ではなく「全体最適」を目指したアドバイス及び、シミュレーションを活用した、資産保全戦略の企画、立案、必要に応じて各業界(プライベートバンク(日本・スイス・シンガポール等)・保険、不動産・士業)等のプロフェッショナル人材の紹介

得意な分野・領域はなんですか?

①事業承継・資産承継(相続)
「相続」が「争族」にならないよう、親世代の悩みや問題点をヒアリングさせていただき、「まず何からやったらいいの?」というご相談に対して手順をご紹介させていただくことから始めます。
相続の場合、⑴資産配分(誰に何を残すのか)⑵納税資金の確保⑶資産保全戦略(節税対策)の三つを明確にすることからお話しします。
暦年贈与は資産クラスにもよりますが10年20年と長い年月をかける必要があります。
仮に5年目で被相続人が亡くなってしまったらその時点で相続税がかかり暦年贈与は失敗に終わります。特に日本は「酷税国家」ですので不動産と異なり現金に対しての課税価格圧縮はできません。
これを回避するための資産保全戦略も合わせてご紹介できます。

②資産形成・生存対策
資産形成世代にあたっては時間を味方にすることで資産形成を容易にすることが可能です。
プライベートバンカーならではの国内金融、海外金融を組み合わせた提案をさせていただければと思います。
③M&A
現在M&Aも積極的にやっております。現在は医療、化粧品、美容などの分野を中心に行っています。単に仲介ではなく弊社が譲り受けさせていただきその後の経営を維持することで従業員や会社の名前も残すことが可能となります。また上場も視野に入れた経営戦略も行なっており弊社関連会社は今年3月にマザーズに上場予定です。
(ファンド会社のように安く買ってどこかに高く売るということはいたしません。)

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

株式会社 B.N.G.Consulting / 代表取締役

プロフィール詳細を見る

職歴

  • 株式会社 B.N.G.Consulting /代表取締役

    2015/5 在職中

  • 株式会社リソモント /執行役員

    2013/6 在職中

  • プロテクト株式会社

    2009/1 2011/12

  • 防衛省 海上自衛隊 (Japan Maritime Self-Defense Force)

    2007/1 2009/12