都内 某出版社におけるYouTubeチャンネル活用事例についてお話できます

  • 出版/印刷

経験内容

都内某出版社からのYouTubeチャンネル運用法のセミナーを依頼された際に
某出版社広報のYouTubeチャンネルがコミュニケーションツールとして
活用出来ていないことを指摘したところ
YouTubeチャンネル運用の健全化を依頼されました。
出版社内の業務が多忙で早急に対応できなかったため特例として
YouTubeチャンネルの健全化を図りました。

どちらでご経験されましたか?

マーケティング動画アドバイザー(個人事業主)
動画コンサル、生CMスーパーバイザー、
YouTube Japan Content Partner

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

2014年8月

その時どのような立場や役割でしたか?

マーケティング動画アドバイザーとしてYouTubeチャンネルの代行編集をしました

得意な分野・領域はなんですか?

動画コンテンツの量産方
YouTubeチャンネルの活用法
動画マーケティング
生コマーシャル
撮影用装飾等、動画に関わる事全般

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

マーケティング動画アドバイザー(個人事業主) / 動画コンサル、生CMスーパーバイザー、YouTube Japan Content Partner

プロフィール詳細を見る


自己紹介

TV-CM約30年の知識と経験で、
あなたの商品サービスのファンを引き寄せるお手伝い。
マーケティング動画アドバイザー 桜木 武士

映像業界に長く在籍し現在も関わりがある。
1990年からテレビコマーシャルの撮影現場で美術スタッフとして活動。
中でも生コマーシャルは美術スタッフとしてだけでなく
長年制作の仕事も兼任していたのでコンテンツ製作法に関しての
知識と経験は豊富。
2013年からはその経験を生かして個人事業主として活動中。

YouTube動画に関してはまだ日本語化されていなかった2006年9月から使用。
2008年8月にContent Partnerに認定されてフォーラム、ラボ、セミナーといった勉強会にも多く招待されその仕組みを学ぶ。

YouTubeチャンネル運用法のセミナーでは映像業界の知識と
YouTube Content Partnerの知識の両方を生かして講師を務める。

職歴

  • マーケティング動画アドバイザー(個人事業主) /動画コンサル、生CMスーパーバイザー、YouTube Japan Content Partner

    2013/10 在職中

  • YouTube Japan /Content Partner

    2008/8 在職中

  • 株式会社 日芸 /製作 デザイン

    1994/4 2013/10

  • (有)ヒルマ・モデル・クラフト /特殊撮影用模型(SFXプロップ)製作

    1990/3 1993/2

他の経験