製造業における中期経営計画策定や事業計画作成についてお話できます

謝礼金額の目安(1時間あたり) 20,000

経験内容

  • 機械(計量・計測機器)
  • 経営者

中期経営計画は、社長以下の経営者・部門長が、3~5年間の当社の経営のガイドラインと信じて、中期経営計画として合意した事業戦略や年度目標数値を達成しなければならないと考えて初めて機能するものです。初めて中期経営計画を策定する際には、長期目標を先に立てておく必要があります(10年後にIPOする等)。当社の経営理念を明らかにしておく必要もあります。
そうして立案した中期経営計画の推進によって、当社は従来のオーガニックな(自然な)成長ラインから上振れした、経営力による力強い成長を実現させることができるようになります。中期経営計画どおりに成長させるためには、計画内に書き込む目標の設定方法や、日々の会議でのチェック項目等ノウハウがあります。それらをパッケージでお教えいたします。

どちらでご経験されましたか?

株式会社島津製作所 経営戦略室

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

2005年8月 〜 2016年7月

その時どのような立場や役割でしたか?

実務責任者としてコンサルタントと一緒に全社戦略を策定しました。

得意な分野・領域はなんですか?

Ph.Dに近い競争戦略の知見を持っています。勿論最新の知識もキャッチアップしています。この知識は経済産業省在籍時に、競争戦略研究者に集まってもらって運営した研究会に来られた研究者から系統的に学んだものです。

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

職歴:非公開


私は1982年に大阪大学大学院工学研究科応用物理学専攻博士前期課程を修了し株式会社島津製作所に入社しました。入社後研究開発してきた機器を新事業として上市しました。次いで違う新事業開発に責任者として携わりました。その後2002年に官民交流制度に基づき一旦島津製作所を退社し、経済産業省産業技術環境局基準認証政策課において、①我が国技術を国際標準化する委託事業の推進、②事業戦略の視点で標準化の意義と価値を明らかにする研究会の運営、③セキュリティに関する国際標準化の日本代表のスタッフを担当しました。2005年に再び株式会社島津製作所に入社し、経済産業省在職中に獲得した事業戦略の知見を活かし、経営戦略室において経営企画、中期経営計画の策定と推進、人材教育計画の立案と推進およびM&Aの推進と全社のとりまとめを行いました。

このアドバイザーの他の経験

プロフィール詳細を見る