企業再生、事業譲渡、計画倒産における経営者の救済についてお話できます

謝礼金額の目安(1時間あたり) 15,000

経験内容

  • 経営企画

自らの経験を分かち合い、困窮している経営者を助けたいです。個人保証をしている経営者の立場から最悪のケースも想定していく必要があります。最悪は自己破産ですが、上手く事業を継続することも可能です。特にノウハウや、商品があればネットで販売してコツコツ商売を続けていくことも可能です。そのために、債権者は金融機関にとどめておくべきです。友人知人の借入金は、法的に返済不要となっても返すべきだと考えます。金融機関は企業が倒産することも考えてリスクを負っています。金融機関はそのために引当金を積んでいます。特に最大手の金融機関はサブプライム以降倒産しないように税金を投入して助けています。そして当時の赤字のため、長い間税金も払っていませんでした。中小企業の経営者はこのようなことも含めてよく理解しておく必要があります。



■ どちらでご経験されましたか?
法人経営では失敗しました。事業は譲渡し従業員も引き取ってもらいました。もう少し自分のために事業を残しておけばと後悔しています。



■ いつごろ、何年くらいご経験されましたか?
2000年に事業再生を経営者として経験した立場から、適切な手段を提案できます。



■ その時どのような立場や役割でしたか?
経営者として銀行、債権者、従業員とやり取りをしましたが、最終的には経営者の判断です。顔にださずにこつこつと自分を守るために非情になることも大切です。



■ 得意な分野・領域はなんですか?
企業再生、事業譲渡、倒産、個人保証、自己破産

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ