酒類業界におけるマーケティング戦略立案についてお話できます

謝礼金額の目安 直接アドバイザーにお問い合わせください

経験内容

  • 標識・看板・電光表示器(機器)
  • 接客/販売/個人営業

✔営業
ビール会社の営業体制をフルに活かした活動。基本的にはクライアント売上分析から棚割り提案に落とし、自社、クライアントの売上極大化をテーマに活動していた。大手メーカーに組織、小売りの事情に精通している。
✔ブランドM
①営業への教育、研修を担当し、効果的にモチベーションを高い営業を育成し売上を維持する手法でイタリアのスパークリングワインを取り扱い以来最大の販売実績を達成。いわゆる社内向け「インターナルマーケティング」を実践。②消費者向けセミナーを数多く実施し、ブランド認知拡大を図り、ロイヤリティを高めた。③商品開発:海外メーカーと協業し、日本向けブランドのローンチ。サンタヘレナ社との協業品「ラプンタ」は2016年3月発売時に全国の小売200社程度から採用される。④ブランディング:担当したブランド(チリワイン「サンタへレア・アルパカ」)を発売から4年目の2015年に輸入ワイン市場過去最大の売上(101万ケース/年)を記録、日本NO1ブランドへ導く。⑤大手小売り向けPB開発:営業担当者とバイヤーを連れて海外ブランドへ視察し、PB開発を行った。消費者との絆を作るブランディングだけでなく、営業のマインドを高めながら総合的に販売を拡大していく手法にたける。

どちらでご経験されましたか?

Asahi brewery co.ltd. Brand Manager

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

2006年4月~2010年8月:営業
2010年9月 〜 2016年8月:ブランドマネージャー(ブラM)

その時どのような立場や役割でしたか?

営業:日本酒以外の酒類を予算内の経費を使いながら販売予算達成に向けて活動する。クライアントはエリア内のスーパー(SM)、GMS、ドラッグなど
ブランドM:ブランド開拓(海外ブランドのローンチ)、商品開発、商品マーケティング戦略立案、救償交渉など

得意な分野・領域はなんですか?

酒類(特に輸入品)のブランド戦略、マーケティング戦略、ブランディング戦略立案

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:(開示前)

Sake Experience Japan Ltd. / Chief Executive Officer


2006年にアサヒビールに入社、静岡で量販店を中心に営業。2010年にワイン事業部、現マーケティング4部へ異動。 フランスやイタリアなどの伝統国~チリ、アルゼンチン、オーストラリアといったニューワールドまで幅広く担当し、チリワイン、スペインワインのブランドをそれぞれ輸入ワインブランドNO1(アルパカ)、スペインワインNO1ブランド(アルバリ)へ育成した。 販促立案から消費者調査、海外との共同での商品開発などマーケティング的な経験もあるが、契約交渉、求償交渉など実務経験も豊富。 2016年9月より起業し、sake experience japan ltd.を立ち上げた。海外のトップレストランやソムリエ、インポーター向けの日本酒についてのプロフェッショナルな情報サイトの運営しつつ、酒蔵ツーリズム、海外ブランド向けのコンサルなど幅広く行う。

プロフィール詳細を見る