テレビ番組制作、動画ニュース、動画マーケティングに関する記事の寄稿、インターネット生配信、における現場で得た知見や、映像、メディアなどの市場の見解などについてお話できます

  • 映像/動画

経験内容

大学卒業後は、民放キー局、準キー局などの情報、スポーツ、バラエティ番組、航空会社の機内映像、テレビ局のアナウンサー採用HP動画等の制作にアシスタントとして従事。
その後、芸能・エンタメニュース動画の撮影・編集・制作やテレビ局のインターネット報道番組、YouTube番組の生配信などを経験。
現在、動画マーケティングに関する記事の執筆、インターネット番組、オンライン学習動画のライブ配信などに関わっています。

どちらでご経験されましたか?

株式会社フィールドキャスター 制作

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

2015年5月 〜 2015年11月

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


自己紹介

大学卒業後は、民放キー局、準キー局などの情報、スポーツ、バラエティ番組、航空会社の機内映像、テレビ局のアナウンサー採用HP動画等の制作にアシスタントとして従事。
その後、芸能・エンタメニュース動画の撮影・編集・制作やテレビ局のインターネット報道番組、YouTube番組の生配信などを経験。
現在、動画マーケティングに関する記事の執筆、インターネット番組、オンライン学習動画のライブ配信などに関わっています。

テレビといった特定の領域に囚われない発想で物事を考えていきたいと思ったことから、最初の会社を辞めました。また、テレビ業界での番組制作を経験したことで、マーケティングの重要性や必要性を感じ、会社を辞めてからの1年間で200冊以上の広告、マーケティング、人間の行動・意思決定に関する本などを読みました。そして、テレビ業界から距離を置いた環境から、テレビ、動画、マーケティングなどに対して考えた日々から、以前とは世の中に対する見え方や考え方が大きく変わりました。現在は、動画、VR、AR、モーショングラフィックスなどの制作技術的な分野や、視覚表現によってどうやって情報を分かりやすく伝えるか。そして、今までに無い映像表現によってユーザーに新しい映像体験を与えられるかへの関心が高いです。

職歴

開示前(決済前には開示されます)