コンテンツ業界(主にゲーム、出版、音楽)における法務、契約についてお話できます。また、企業法務に求められる人材、スキルについて自身の経験を交え、ご説明することができます。

  • 音楽レコード(エンタメ)
  • 法務/知財/コンプライアンス

経験内容

単なる書面審査にとどまらず、新規ビジネスの立ち上げや企業再編・M&Aなど多岐にわたり業務を担当しました。
また、出向した内閣府知的財産戦略推進事務局では、コンテンツの振興や法制度の検討等、政策の企画立案に携わりました。

どちらでご経験されましたか?

いずれも、法務セクションに所属していました。

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

コナミ株式会社(2000年~2006年)、株式会社旺文社(2006年~2011年)、日本コロムビア株式会社(2011年~現職)、内閣府知的財産戦略推進事務局(2014年~2016年(出向))

その時どのような立場や役割でしたか?

法務責任者として、契約全般の作成、審査(チェック)から社内の各種法律相談、社内規定の整備等を行ってきました。決裁権限を有した管理職ですが、常にプレーイングマネージャーとして携わってきました。

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

明豊ファシリティワークス株式会社 / 総務法務課長

プロフィール詳細を見る


自己紹介

これまで、コンテンツ業界において法務業務に従事してきました。
机上の検討だけでなく、現場に出て実際にどのようにビジネスを進めるのかを常に意識して業務を進めてきました。
法務というと、どうしても守りに重きを置いてしまいますが、ときにはリスクをうまくコントロールしながらビジネスを展開することも重要であると考え、実践してきたことから社内では「攻めの法務担当」と呼ばれていました。
出来ない理由をたくさん挙げるのではなく「どうやったらその問題をクリアできるのか」、常に解決し前に進むことを信条としています。

職歴

  • 明豊ファシリティワークス株式会社 /総務法務課長

    2017/1 在職中

  • 日本コロムビア株式会社 /経営戦略室事業戦略チーム担当部長

    2016/1 2017/12

  • 内閣府知的財産戦略推進事務局 /参事官補佐

    2014/1 2016/12

  • 日本コロムビア株式会社 /法務担当部長

    2011/1 2014/12

  • 株式会社旺文社 /法務グループマネージャー

    2006/1 2011/12

  • コナミ株式会社 /法務部

    2000/1 2006/12