通信キャリアにおける伝送/専用システム開発について

  • 通信/電話

経験内容

通信キャリアで使用する伝送/専用システムの研究開発の歴史や具体的なシステム開発におけるポイントなどについてお話することができます。
・SDH伝送システム
・高速ディジタル専用システム
・クロック供給装置
・ROADMシステム
・ラジオ放送戦システム
・モバイルフロントホール伝送システム
・その他

その時どのような立場や役割でしたか?

開発責任者として事前SE、社内調整、開発ベンダとの使用調整、検証、導入支援、維持管理などを実施

一番の課題はなんでしたか?また、その課題をどう乗り越えましたか?

開発スケジュールが非常にタイトになる場合が多いので、納期に遅れないように事前のSEの段階から様々な工夫をし、開発スケジュールを完遂したこと。また、実導入後に発見される不具合を極力抑えたこと。
開発スケジュールを守ることができなかった時のリカバリ方法。

どんな人にアドバイスを提供したいですか?

通信キャリアや同様の手法を用いてシステム開発を行う方

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

1989年から27年程度

どちらでご経験されましたか?

日本電信電話株式会社の武蔵野および横須賀の通信研究所

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

日本電信電話 / アクセスサービスシステム研究所

プロフィール詳細を見る


自己紹介

日本電信電話株式会社で伝送システムおよび企業向け専用サービスシステムなどの開発業務を実施してきました。

職歴

  • 日本電信電話 /アクセスサービスシステム研究所

    2012/7 在職中

  • 日本電信電話 /ネットワークシステム開発センタ

    1988/4 2008/6