中国大陸における食品の販路開拓についてお話できます

  • 食品(発酵食品・煮物)
  • 経理

経験内容

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

2009年から2014年の5年間。

どちらでご経験されましたか?

角谷(上海)貿易有限公司

その時どのような立場や役割でしたか?

総経理として、立ち上げからすべての決裁、戦略立案までを行いました。

一番誇りに思う成果はなんでしたか?

上海で初めて本物の冷蔵納豆を普及させ、ヒットさせたこと。

一番の課題はなんでしたか?また、その課題をどう乗り越えましたか?

商習慣や生活習慣の違いの理解がなければ、販路開拓が進まないという課題にぶつかりました。自身が中国語を学び、自らの足でどこへでも行けるようになり、より多くのコミュニケーションを取り、生活の中から学び、という具合に、ひとつひとつ現地化していくことで克服しました。

関連する論文やブログ等があればURLを教えてください

http://tosenba.jp
とせんばプロジェクト(当社の運営する日中間ビジネス等に関する情報サイト。中に私のブログが多くあります)

どんな人にアドバイスを提供したいですか?

周りがやっているから、ではなく、信念を持って中国市場と向き合う覚悟のある方(インバウンドにおける日本の食文化の提供も含む)

この分野は今後どうなると思いますか?

多様化が進むが、各カテゴリーで一定の成功を収められるのは、先行して展開した数社のみ。

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

株式会社メイシージェーン / 代表取締役

プロフィール詳細を見る


自己紹介

2009年に当時勤務していた会社の社内プロジェクトとして、上海に「角谷(上海)貿易有限公司」(http://www.nadou-kadoya.cn/)を総経理として立ち上げ、2014年春の帰国までに同社の商標である「角谷(かどや)」納豆を中国全土に幅広く流通させる。現在同ブランドは高級スーパーを中心に約200店舗の納品を継続し、ますます売上を伸ばしている。
2014年12月に株式会社メイシージェーン(http://macyjane.co.jp)設立。自身の中国語および中国人との折衝能力を活かし、主に日中間をつなぐビジネスを展開し、現在は日本製のあんこと、そのレシピを中国に普及させるべく、現地でのたい焼きFC店展開に挑戦している。
その他、もみ殻を再利用して製造した、中国メーカーの特許製品であるテーブルウェアの日本市場開拓、日本製文具の中国市場開拓など、数件の具体的な案件に継続して取り組んでいる。

職歴

  • 株式会社メイシージェーン /代表取締役

    2014/12 在職中

  • 角谷(上海)貿易有限公司 /総経理

    2009/10 2014/11