創薬・患者向けサービスの企画立案に役立つ患者としての体験と想い(感情的な話ではなく)についてお話できます

謝礼金額の目安 直接アドバイザーにお問い合わせください

経験内容

  • 医療/ヘルスケア

・NPO法人 患者スピーカーバンク事務局長・副理事長
・NPO法人 東京腎臓病協議会元理事・前青年部長
・世田谷区身体障害者相談員
・九州大学大学院 医学研究院「医療決断サポーター(支援員)養成講座」第4期修了



■ いつごろ、何年くらいご経験されましたか?
3歳時に慢性腎炎に罹り入退院を繰り返しながら薬物治療を行いましたが治癒せず、18歳から透析を導入し現在透析歴30年目になります。患者歴45年。身体障がい者です。



■ どちらでご経験されましたか?
(下記のキャリアはすべて透析をしながらのものです。)



ソニー株式会社の人事セクションにて14年間勤続。在籍中は労務・給与・安全衛生・健康づくり等の業務を担当。



ソニー株式会社退職後、社会福祉士国家資格を取得し練馬区社会福祉協議会にて相談業務・ボランティアコーディネーターに従事。



2010年株式会社ペイシェントフッドを起業し、これまで講演・ワークショップ・コンサルティング等数多く経験しています。



■ どんな人にアドバイスを提供したいですか?
<医療関連企業に対して>
社員のモチベーションアップ、創薬・新サービス立案への気づき・ヒント等



<病気を抱えている患者・ご家族に対して>
自分らしく病気と付き合うコツ、医療決断サポート



<医療者に対して>
医療者と患者のコミュニケーションづくり、患者中心の医療構築のヒント



■ この分野は今後どうなると思いますか?
患者は治療を受けるという従来の受け身のあり方ではなく、もっと医療に関わることで「医療者」「企業」「患者」というそれぞれの立場の繋がりがより強くなっていくと思われます。また、そうなることがこれからの医療の進化に必要になると思います。
患者の体験とその想いを医療・社会に広く伝えることで起きる変化は小さいものではありません。



■ 謝礼金額の根拠はなんですか?
お手数ですが弊社HPの料金表をご参照ください。(内容・料金共に相談可能です。)
http://media.wix.com/ugd/f7f888_44190722b2384dc487f0e3a018197043.pdf



■ 関連する論文やブログ等があればURLを教えてください
株式会社ペイシェントフッドHP http://www.patienthood.net/
患者向けWebサイト「じんラボ」http://www.jinlab.jp/
代表 宿野部のブログ「腎臓病・透析に関わるすべての人の幸せのために」http://ameblo.jp/921124/

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

株式会社ペイシェントフッド / 代表取締役


1968年生まれ。3歳時に慢性腎炎に罹患。18歳より慢性腎不全により透析導入。現在透析歴30年目。2008年腎臓がんにより左腎臓を摘出。身体障がい者。 (株)ペイシェントフッド代表取締役・Webサイト じんラボ 所長・社会福祉士 腎臓病の闘病、透析を受ける当事者としての経験と想いを腎臓病・透析患者・家族、そして医療の現場に還元すべく、講演・ワークショップ、研修事業、コンサルティングなど幅広い事業を展開。<所属>NPO法人患者スピーカーバンク副理事長・NPO法人東京腎臓病協議会 青年部副部長(元理事)・世田谷区身体障害者相談員

プロフィール詳細を見る