航空機内装品における航空業界、装備品(Galley, Lavatory, Seat、Cock-pit)及びその電気システムを中心とした開発と認証についてお話できます

  • 航空機

経験内容

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

1979年より37年

どちらでご経験されましたか?

国内航空機内装品メーカー
2015年3月より転職

その時どのような立場や役割でしたか?

製品の開発はリーダーとして進めました。

一番誇りに思う成果はなんでしたか?

開発した製品の中で”煙感知機”は米国Boeing社やEmbraer社、Bombardier社のスタンダード装備品に採用され全世界を飛び回っています。また、コックピットのセキュリティーシステムは世界で1000機程の旅客機に採用されました。この製品が評価されてB787のコックピット関連の製品受注に繋がりました。

一番の課題はなんでしたか?また、その課題をどう乗り越えましたか?

航空機装備品の開発には米国FAA、欧州EASAそして日本の航空局等の認証を取得する必要があり、この部分のノウハウがないとこの業界に入って行く事が難しくなります。私はFAAのDER-Candidateや国内航空機内装品メーカーのEASA-ODAのユニットメンバーとしての経験を積み問題を解決して行きました。

この分野は今後どうなると思いますか?

日本における航空機業界の規模はまだ小さく、これからも発展して行く可能性があると考えております。

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

Meiwa-Denshi Corporation / General manager Engineering Section

プロフィール詳細を見る

職歴

  • Meiwa-Denshi Corporation /General manager Engineering Section

    2015/3 在職中

  • JAMCO /Electrical Engineer Specialist

    1992/4 在職中

  • Meiwa-Denshi Corporation /General manager Engineering Section

    2015/3 在職中