生産・SCM全般における新工場へのシステム導入、他社とのアライアンス協業事例などについてお話できます

  • 自動車
  • なし

経験内容

インドの日産・ルノー工場でのルノーモデル・日産モデル(DATSUN)の混流生産の実現。
メキシコクエルナバカ工場でのルノーブランドトラックの生産開始。
ルノーのフランスのフラン工場で、日産マイクラの生産開始。
現行軽自動車(日産デイズ・三菱ekワゴン)の三菱工場での生産。
日産イギリスサンダーランド工場での、DaimlerプラットフォームInfinitiモデルの生産開始。
スペインの日産工場で、日産・ルノー・Daimlerブランドのトラック生産開始。
アルゼンチンのルノー工場で、日産・ルノー・Daimlerブランドのトラック生産。

その時どのような立場や役割でしたか?

北米出向時は担当者。
メキシコ日産時代は、主担(課長級)。
日本帰国後は、主管(部長級)

得意な分野・領域はなんですか?

他社(具体的には、ルノー、Daimler、三菱)とのSCM領域での協業プロジェクト案件。

この分野は今後どうなると思いますか?

お互いの強み・弱みを補完する、”クロス・プロダクション(一方の生産拠点で他方の製品を生産する)”がますます重要になり、促進していく傾向にあり、異なるデータ体系(BOM・車両仕様コード、部品番号など)の情報を短期間に相互連携を構築し生産を開始できるようなインフラ基盤が必要になる。

誇りに思う成果はなんでしたか?

ルノーやDaimler、三菱との間での”クロス・プロダクション”プロジェクトの立ち上げ。

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

2001年から現在まで。

どちらでご経験されましたか?

日本、アメリカ、メキシコ


自己紹介

1990年、大手自動車会社入社後、情報システム部門にて、日本国内工場の生産管理システム運用及び開発。生産・販売の統合管理プロジェクト推進。
2000年、アメリカ現地法人の生産工場に出向し、プロジェクトマネージャーとして、アメリカ国内新工場建設時の生産管理システム開発・導入を担当。アメリカ国内での生産能力増強を実現し、その後のアメリカ国内での販売増に貢献。
2003年、メキシコ現地法人に情報システム部門部門長(Regional CIO)として出向。メキシコ国内に展開している複数の工場に北米標準生産管理システムを導入し、メキシコでの生産能力の増大を実現。その後のアメリカ・カナダ・メキシコでの販売増に貢献。また、人事・会計・設計CADのパッケージを導入。またメキシコ国内に協業他社と共同で販売金融会社を設立し、販売金融システムソリューションを導入。
2007年、日本に帰任し、グローバル情報システム本部生産・SCMシステム部主担として、協業他社との間での車両受発注・部品調達・物流管理システムを開発・導入。
2011年、同部主管として、Globalの新工場(インド、ブラジル、タイ)への生産管理・物流システム導入、複数の協業他社関連案件の全体統括を担当し、協業3社間での相互車両生産(Cross Production)関連の各種案件を担当し、立ち上げを実施。
2017年、SCM企画部に異動し、当社および協業パートナー会社のSupply Chain Process Engineering部長を兼務し協業4社間のサプライチェーンプロセス企画・システム化企画を担当。具体的には、車両仕様管理、生産BOM、車両の市場・生産工場間オーダリング、生産管理(MRP・部品在庫管理・内製部品計画)、部品物流、完成車物流、車載ECUのプログラム・コンフィグデータ書き込みプロセス・システム企画などを中心に、ビジネススキーム企画、業務プロセス企画、システム化企画を担当。
2018年4月、生産企画統括本部生産管理部に異動。FY17年度同様に協業4社関連のSCM・生産管理領域のEnd-to-Endプロセスをスコープにビジネススキーム企画、業務プロセス企画、システム化企画、システム開発支援・立ち上げ支援をビジネスユーザーサイドから担当。Innovationにつながる新規案件・システム化企画を含めて担当し、現在に至る。

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験