官民協働プロジェクトにおける官民の組織文化、決済の考え方等の違いについてお話できます

謝礼金額の目安 直接アドバイザーにお問い合わせください

経験内容

  • 産学官連携/官民連携

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

2014年から2年半

どちらでご経験されましたか?

文部科学省官民協働海外留学創出プロジェクト「トビタテ!留学JAPAN」

その時どのような立場や役割でしたか?

課長補佐として、事業開発、組織運営をとりまとめる立場

一番の課題はなんでしたか?また、その課題をどう乗り越えましたか?

決済フロー、公募のシステム、人のローテーション・モチベーション、船頭が多い、公平と効率の壁

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

文部科学省トビタテ!留学JAPAN 官民協働海外留学創出プロジェクト(独立行政法人日本学生支援機構所属) / 課長補佐


志に共感できるベンチャー、新規事業での「事業開発」「人事」を専門としています。 新卒でリクルートに入社し、採用領域からキャリアをスタート。その後、成長途上のフィッツコーポレーションへ転職し、人事部マネジャーと人事全般を担当。また人事を継続して兼務する傍らマーケティング部や営業部にも所属し、管理職として事業の運営と現場主義での組織改革を経験。HR系の新規事業の立ち上げも責任者として経験。 その後、グーグルにてエンジニアの新卒採用を経験後、文科省初の官民協働プロジェクト「トビタテ!JAPAN」の公募で応募し、採用(1500人中2人)。2014年4月より学生の募集・選考の責任者、2015年からは課長補佐としてプログラムの事業開発を担当しています。その他2011年から2014年の3年間自分で個別指導塾(小~高校)を立ち上げ運営し、現在は後任へ譲渡。

このアドバイザーの他の経験

プロフィール詳細を見る