あらゆる業界におけるデータ分析の成功事例、分析事例(IoT、AI、機械学習、地理情報分析など)についてお話できます

  • ビッグデータ/データ分析/予測

経験内容

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

2011年より様々な業界におけるビッグデータ解析を専門に行ってきました。
ウェブサービス、製造業、金融業界、ヘルスケア、流通など、多くの業界における分析の実務経験および成功事例、分析事例を蓄積してきました。

どちらでご経験されましたか?

フロリダ州立大学地理学科、Pivotalジャパン株式会社、を経て現在メットライフ生命株式会社にてデータ分析業務に携わっています。また、データ分析プロジェクトの立ち上げ支援も手がけてきました。

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

One Concern / Lead Data Scientist

プロフィール詳細を見る


自己紹介

大学に在籍し、大容量データの分析手法について開発をしてきました。
また、現職では、数多くの業界においてデータ活用の戦略立案、分析モデル開発、社内データサイエンス人材育成に携わってきました。

ビッグデータ活用のためのプランづくり、分析モデル開発、人材育成に興味がある方はぜひご連絡ください。

データサイエンティストとして、ビッグデータ活用領域における戦略立案・人材育成・分析モデル開発についてお話できます。

ビッグデータ時代にデータ分析、データ活用をしたいと考えているが、何から始めたらよいのか、わからない。日本の企業の皆様から、こんな声をよく聞きます。

前職、現職において、上記の悩みをお持ちの複数のお客様に対して、まずは戦略立案を一緒にさせていただく機会を持ってきました。業務課題、活用できるデータ、現在行っている分析内容等を共有していただき、ディスカッションやブレインストーミングをもとに、最終的に「再優先データ分析課題」を選定する作業を行ってきました。具体的には、分析テーマ候補を、その実現可能性とビジネス的価値の2軸で整理することにより、分析テーマの優先順位付けを行う作業です。この戦略立案のプロセスを経て、お客様はどこから何をやってゆけばいいのかを明確に説明できるようになり、結果として社内のデータ活用をスムーズに進められるようになっています。

また、その次の段階として、実際にデータ分析を行う、あるいは社内の人材育成をご支援する活動も行っています。データを活用してどこまでビジネスに価値を生み出せるかを、分析モデル開発を実際に行うことによって把握し、また社内でデータ活用のプロジェクトを内製化するための人材育成を同時に行っていきます。これらプロジェクトを経て、短時間でデータ分析による一定程度結果を出し社内啓蒙活動を円滑に進められるようになりました。また、私が関わった後も社内で分析プロジェクトが円滑に進むよう、人材育成も行うことで開発した予測モデルが日々進化してゆく仕組みを浸透させることができました。

職歴

  • One Concern /Lead Data Scientist

    2019/2 在職中

  • Dell EMC /アドバイザリーコンサルタント/データサイエンティスト

    2017/9 2019/1

  • MetLife /Senior Data Scientist

    2016/4 2017/3

  • Pivotalジャパン株式会社 /Senior Data Scientist

    2014/1 2016/4

  • 愛知工業大学 地域防災研究センター /PD研究員

    2013/6 2013/12

  • Florida State University /助教

    2011/8 2013/12

  • University of Utah /Associate Instructor

    2005/8 2011/7

  • 東京大学空間情報科学研究センター

    2005/4 2005/7

  • GARDENS L.E.D. CO.,LTD. /Salesperson

    2003/5 2004/2

他の経験