ベトナムでの事業参入における事業構築手段や留意点についてお話できます

  • ベトナム

経験内容

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

2010年頃から4年

どちらでご経験されましたか?

食品事業


自己紹介

入社32年になります。現在は、東証一部上場のホールディングス会社傘下の不動産系事業会社で経営戦略や事業開発を進めています。事業会社としては、営業利益で100億円くらいの会社です。取締役ですが、まずは自分でやってみること、行動することを大切にしており、スピード感あるフットワークをモットーに活動しています。不動産事業会社には5年程度前に移りました。それまでの27年は、同じ傘下の食品系事業会社に務めていました。入社後の16年位は、食品製造の工場建設や増設工事などの企画・設計・監理を担当し、建築・設備・電気といった専門を軸に、それらを取りまとめるプロジェクトエンジニア的な業務を得意としていました。その後、自ら、エンジニア業務は卒業と決め、食品系事業会社の経営戦略部に異動し、事業戦略やM&Aを含めた新規事業構築、一方で、子会社の解散、さらに、R&A戦略の再構築などに取り組んできました。6年ほどです。その後、ベトナムでの食品系の新規事業進出を約4年ほど副社長として担当しました。現地に向けた商品開発やマーケティング、購買・生産・物流・流通といったバリューチェーン、現地採用・資金調達を含めた基盤構築などを一からつくりあげていきました。5年前に、現在の不動産事業会社に異動になり、収益性をはじめとする安定的な事業運営と、将来の成長エンジンとなる新規事業の開発を進めています。左脳を軸とした論理的な事業運営、右脳を軸としたデザイン思考型の事業開発を得意としています。とくに、フットワークを活かした社内外の幅広いネットワークを構築・拡大していて、これらのつながりにより、新たな価値を創造していく 一方で これらをいかにして既存の会社に組み込んでいけるかといったことについて取組んでいますので、組織風土・人材開発といった面でもいろいろな相談にのれると思います。

職歴

開示前(決済前には開示されます)