中堅・中小・ベンチャー企業における採用力アップ(面接時における人の見分け方、問題社員の流入防止)についてお話できます

  • 採用/新卒/中途/インターン

経験内容

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

2000年から現在に至るまで、中堅・中小・ベンチャー企業に対して、「経営課題を解決する人材」をご紹介して参りました。採用面接の際に、実務経験年数や資格、学歴で判断することも重要ですが、それよりも重視すべきことがあります。それは候補者の「行動パターン、思考パターン、思想」を把握することです。
それを把握しないまま、採用してしまうと、やがて「価値観の相違」が生れます。場合によっては、「問題社員」に変貌し、会社に悪影響を及ぼす危険性があります。会社の未来を創っていくのは人材です。採用の段階で、「本当に戦力になる人材」=「同志」をいかに選出するかという部分について、具体的な事例を交えながら、解説させて頂ければと思います。

<人材をご紹介した企業の一例>
■急に売り上げが伸びたが、組織体制が脆弱なベンチャー企業。
■地方の老舗でネームバリューはあるが、売上が伸び悩んでいる成長鈍化企業。
■創業社長から引き継いだ、二代目社長の新体制支援。

どちらでご経験されましたか?

<人材関連の経験>
アデコキャリアスタッフ九州株式会社
株式会社ビジネスインテリジェンス
ベステラ株式会社(現職)

一番の課題はなんでしたか?また、その課題をどう乗り越えましたか?

■課題:せっかく雇い入れたベテランが、実力を発揮することなく、職場を去るケースがありました。

■解決方法:例えば、経験者を中途採用で受け入れる場合、企業側にも「準備」が必要となります。中小企業の成長を阻害する「三悪」を取り除くことが先決です。
また、古参社員は中途採用者に対して「お手並み拝見」という態度を取りがちなので、そこをうまく融合させることが「キモ」の部分になります。そこは経営者の腕の見せ所となります。


自己紹介

1968年 福岡県筑後市出身、西南学院大学商学部卒
1991年 大手水処理会社 オルガノ株式会社入社 九州各県の上水道施設に水処理設備を納入(官庁営業)
2000年 人材派遣会社 アデコキャリアスタッフ九州株式会社 入社 業務委託案件の新規立上げを担当。

2004年 株式会社ビジネスインテリジェンス(本社:大阪)にて、人材派遣事業の新規事業・立上げ。
2006年 大企業出身の中高年人材を中小企業へご紹介する「番頭さん派遣サービス」新規事業・立上げ。
2007年 NHK教育テレビ・ビジネス未来人 「番頭さんが中小企業を救う」で特集される。
2008年 ビジネスインテリジェンス東京支社開設に伴い、東京へ拠点を移す。

2008年 日経マネー2009年1月号「60歳からのハローワーク」にて、個人インタビュー掲載。
2009年 テレビ東京・カンブリア宮殿「社長を支える名参謀」番組内で紹介される。
2011年 日経キャリアマガジン「資格スキルランキング2011」にて個人インタビュー掲載。
2014年 ベステラ株式会社 入社 HRソリューショングループに配属~現在に至る。

職歴

開示前(決済前には開示されます)