ライターから転身・素人出発のラッピング講師に聞く、人が集まるブログ発信術!

アドバイザー

氏名:開示前


「また読みたい!」、「次はどうなるのかな?」と思ってもらえるブログ作りが何より大切!
ギフトラッピングは、日本独自の贈り物文化ととらえ、文化・技術・アートであると信じて、地元宝塚市から全国に向けて発信。この素晴らしい技術が世界に向けて繋がるようにと想いを込めて、活動の場を広げています。
『LED関西:経済産業省近畿経済産業局女性起業家応援プロジェクト』ではその想いと実績、今後の展開を発表しファイナリストとして選出されました。
講師業・サービス業ともに全く素人の私が、ブログ発信のみで始めた「ラッピングアトリエあおいとりからのおくりもの®」。初めの一歩をお話しいたします。

■その他
その時どのような立場や役割でしたか?: 素人
一番誇りに思う成果はなんでしたか?: ラッピングに出合い、その奥深さ、技術の高さに感動し、様々な形態のラッピング技術の学びと並行して接客販売の経験を積みながら、ラッピングアトリエオープン準備を始める。オープン告知はブログ発信のみ。初日に受講生をお迎えし、4年を経て2016年、受講生は、東北から九州、また海外からも訪れ、2000名を超える。日本最大手協会の作品展に講師業1年目初出展した作品が「最優秀新人賞」受賞。2年目の作品は大賞である「最優秀賞」受賞。同時に、活躍した講師に贈られる『活躍講師賞』をw受賞。3年目『活躍講師賞』2年連続受賞。
2016年LED関西:経済産業省近畿経済産業局女性起業家応援プロジェクト第2回ファイナリストとなる。アスクル株式会社様 さくらインターネット株式会社様のサポート賞を受賞。
この分野は今後どうなると思いますか?: ブログ発信から5年目の今
■人と人の心を結ぶ”おもてなしラッピング®”、個人様間での広がりを実感。
■「こだわりのある自社商品を手元から消費者へお渡しするその瞬間まで妥協したくない」と考える事業主様、ラッピングでさらに商品に付加価値付けを希望するwebショップオーナー様からの”差別化ラッピング®”への依頼が増えている。※”差別化ラッピング®”:当アトリエの活動のひとつ。ラッピングにより他社との差別化を図るラッピングデザイン提案・ラッピングコンサル。
■急速に進む高齢化社会。指の先々まで使い、ラッピングペーパー・和紙・リボンに触れながらの包み・結びのひとときは、”健康維持のため”や”生きがい”と感じていただけるのではないか。
■2020年に向けてさらに国際化が進み、国内外問わず需要が増えると期待し、取り組んでいく。
いつごろ、何年くらいご経験されましたか?: 2011年から現在。
ブログ発信のみで、オープン初日から受講生がお越しくださる。4年を経て現在、東北から九州、海外からも受講生が訪れる個人アトリエに成長する。
”また読みたい!”と思ってもらえるブログ作りが何より大切です。
どちらでご経験されましたか?: ラッピングデザイン&講師行以前の社会人(松下電器産業株式会社:現Panasonic株式会社)経験、専業主婦時代の消費者目線での気付きが大いに役に立つ。SNS発信は、約10年ライターとして、衣・食・住・旅・美・暮らし…という様々なジャンルの現場、専門家の取材を経験したすべてが基礎となる。大手有名企業様発行誌、季刊誌、会員誌、カタログ、雑誌などの、上質を求める大人世代向け媒体の制作に携わり、センスを磨く、生き様に触れる機会を大いに得る。様々なラッピング技術を学ぶ傍ら、ラッピングは販売接客はセットであるため、百貨店のギフト承りサロンの繁忙期スタッフ・派遣などで販売接客の実務経験を積む(約2年)。
関連する論文やブログ等があればURLを教えてください: 公式HP「あおいとりからのおくりもの®」http://aoitori.blue
公式HP平木安見子ブログhttp://aoitori.blue/category/%E5%B9%B3%E6%9C%A8%E5%AE%89%E8%A6%8B%E5%AD%90%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0/
Facebookページ https://www.facebook.com/aoitoriGiftWrap/
アメブロ「あおいとりからのおくりもの®」http://ameblo.jp/hiraori/
どんな人にアドバイスを提供したいですか?: 初めて自宅教室やサロンを開く方、起業準備の一環としてSNS発信をしていきたいが、どのように、何を発信をしたらよいかわからない方へ。私の経験をお話いたします。

プロフィール 詳細を見る


氏名:開示前


職歴

あおいとりからのおくりもの®

  • 代表/個人事業主 2012/4 - 現在

フリーライター ← タウン誌編集部

  • フリーランス ← スタッフ 1997/5 - 2012/5

松下電器産業株式会社本社(現・Panasonic株式会社)

  • 社員 1985/4 - 1993/2

謝礼金額の目安

¥20,000 / 1時間

取引の流れ


似ているトピック