中国における工場経営(多角化、合弁、生産終了)についてお話できます

謝礼金額の目安 直接アドバイザーにお問い合わせください

経験内容

  • 中国

電機メーカーの工場を、新規事業分野に多角化させるために赴任。
日本の親元100%子会社から、都合により赴任中に現地企業との合弁会社に移行。
親元がマイナーとなったが、合弁相手の中国人董事長の下で総経理を継続した。
合弁相手側の問題で、色々な課題が発生し、最終的には親元の生産を止め、従業員を全員離職させることとなった。

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

2012年4月~4年間

どちらでご経験されましたか?

大手電機メーカーの現地工場(従業員500名以上)

その時どのような立場や役割でしたか?

総経理

一番誇りに思う成果はなんでしたか?

合弁相手側の問題で工場を閉鎖するような状況となったが、日本の親元と連携して全従業員を大きな混乱無く退職させたこと。

一番の課題はなんでしたか?また、その課題をどう乗り越えましたか?

資金が自由に使えない状況になったため、給与を含む支払いが困難になったこと。
日本の親元および日系金融機関の協力を得て、やり繰りを行った。

どんな人にアドバイスを提供したいですか?

中国に進出される日系企業(メーカー)幹部の方が中国の慣習や従業員との関係でお困りの際に、自分の経験した範囲で、何かお役に立てればと思います。
※市政府関係との交渉は主にローカルスタッフが行っていたため参考程度の情報しかありません。従業員の自殺・離職者からのクレームなど、直接交渉した経験があります。

この分野は今後どうなると思いますか?

中国に進出している工場は、すでに縮小や撤退が行われており、これからも同じ傾向が続くと思われます。市政府とのコネクションは勿論重要ですが、同じ地域の日系企業との情報共有やローカル企業とのコネクションも重要と思います。

謝礼金額の根拠はなんですか?

コンサルティングが専門ではなく、お役に立てるか不明ですので、メールでのやり取りを基本とさせて頂く範囲であれば、謝礼は望みません。何か実費が発生するような場合は、都度相談させて頂きたいと思います。

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

職歴:非公開


中国工場での様々な課題を経験

プロフィール詳細を見る