中小企業の組織活性化における外国人留学生の活用

  • 組織設計/組織活性化

経験内容

・優良顧客との長い取引で潤っていた会社が、顧客の変化に対応が遅れ業績に陰りが見え始めた頃、打開策として海外との取引を提案。
・しかし、社内に対応できる人材はおらず、外国語も話せない者ばかりで幹部には取り上げられない状況を、担当していた採用業務で発想を変え、日本語ができる外国人留学生を採用することでしゃの海外進出を推進。
・一方で外国人に接した経験のない社員の不安を解消し、隣の机に外国人が仕事している日常を構築。
・優秀な外国人社員の退職経験から、日本人社員と同じように”仕事のやりがい”が大切なことに気づき、責任をもたせた新しい仕事を用意したことで結果を出し、会社に取っても新規事業となった。

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

2003年から現在まで、10年以上

どちらでご経験されましたか?

従業員規模50名の国内製造業向け機械・工具専門商社

その時どのような立場や役割でしたか?

実務担当者として、企画・立案、運営と継続的活動

どんな人にアドバイスを提供したいですか?

企業経営者、企画部門、留学生のキャリア支援関係者

この分野は今後どうなると思いますか?

企業の活性化に必須

謝礼金額の根拠はなんですか?

経験をお話しすることで特に中小企業の活性化、若者が活躍できる職場づくりに役立てて欲しいと考えております。このため謝礼が目的ではありません。このサイトに参加が続けられる料金で結構です。


自己紹介

システムアドミニストレーターとして現在の勤め先に採用されました。社内システムの導入、IT環境整備を進めると同時にホームページを使った新規開拓で商圏を全国及び海外に拡大、国立大学に工作機械を納入するまでになりました。一方、総務に属し採用・人事業務にも携わったことから、外国人社員の採用や知名度が低いBtoB企業での新卒者採用に成果を上げ、全社員のうち外国人社員は1割近くなっています。現在、企画部門在籍。

職歴

開示前(決済前には開示されます)