ソフトウェア業界における独立・東京脱出・海外進出についてお話できます

謝礼金額の目安 直接アドバイザーにお問い合わせください

経験内容

  • IT/システム

「蚊を輸入するのでない」ビジネスで、たのしく仕事する人が増えればいいと思います。
http://tabukov.blogspot.jp/2010/04/blog-post_03.html?q=%E9%83%BD%E7%95%99

一番誇りに思う成果はなんでしたか?

やりたくない仕事はしないこと。
http://tabukov.blogspot.jp/2010/03/google.html?q=google

一番の課題はなんでしたか?また、その課題をどう乗り越えましたか?

WOAMの失敗。
http://ja.woam.jp/
ビジネスのコアを他人に握られた事業はやってはいけないということ。

どんな人にアドバイスを提供したいですか?

なにか良いことをアドバイスできるとは思いませんが、違った見方を提供することはできると思います。その一つの違った見方によって、他のたくさんの見方が視野に入ってくればいいのではないでしょうか。

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

2008年に株式会社Subioを設立、2012年に奄美大島に移転、現在にいたる。

どちらでご経験されましたか?

株式会社Subio

その時どのような立場や役割でしたか?

代表取締役として

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

Subio, Inc. / Founder and President


Founder & President of Subio Inc. www.facebook.com/subio.jp www.subio.jp Subio = sub + bio: Omics has opened the door to new life science and we're facing one of the most complicated scientific problems. Collaborations of academia and technology vendors have achieved the great progress during the last decade. Thanks to enormous efforts, now we can easily make, or even freely download, very large omics data sets. But still it's terribly hard to take biological meanings out, simply because we don't know how to handle and translate them. Now it's time for competition of data mining. At this time, big-budget, big-facilities and big-computer are still advantageous, but NO MORE essential. We think the key is new idea, no matter how it sounds a non-sense or illogical idea at first. It’s not computer but human brain which only can bring innovation from associating distant, and sometimes conflicting, concepts. To turn human creativity on, it’s obviously important to have open discussions by mixed people, and to unprejudicedly examine a variety of ideas. It’s unavoidable for new biology to weigh heavily on IT and statistics because data size is swelling up with the new sequencing technologies. But specialists in leading core labs are not enough to challenge the complexity of omics. We believe that contributions of more and more wet researchers in ordinary labs are needed for a balanced progress of the new life science. This is why we made the company named after “sub + bio”, heading NOT to big-labs BUT ordinary researchers. We provide the most user-friendly software and services to bridge people in wet and dry sides regardless of bioinformatics skill, at the lowest price ever so that young researchers, even students, can afford. We will work to make omics open to all researchers in the world.

プロフィール詳細を見る