あらゆる分野における人工知能の活用についてお話できます

  • 人工知能/AI

経験内容

蓄積されたデータからパターン認識を行うことで、人間が判断していたことをコンピュータに行わせることができる。例えば医療について言えばCTスキャン画像と病気のデータセットを学習することで医者が判断するよりも正確に病気か否かの判断を下せる、という研究がある。世の中のほとんどのシステムはデータベースをもっており、その多くにおいて何らかの有用なパターン学習を行える潜在的可能性がある。データサイエンスに通じている者が覗いて見れば、そこから導き出せるパターンの可能性を見つけることができる。5年後には企業活動で蓄積されるデータベースのほとんどが何らかの学習の対象になっているだろうと考えている。

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

2015年から2016年にかけて

どちらでご経験されましたか?

株式会社6th Senseにて音声解析ソフトウェアの開発及びレコメンデーションエンジンの開発, リーウェイズ株式会社での不動産ビッグデータ解析

その時どのような立場や役割でしたか?

代表(株式会社6th Sense), CTO(リーウェイズ株式会社)

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

6th Sense, Ltd / CEO, Programmer, Designer

プロフィール詳細を見る


自己紹介

人の生き方に作用する聴覚システムを開発しています。

学生時代は情報数学と芸術を学び、フランス留学中に現代作曲理論およびAlgorithmic Compositionの研究を行う。
2015年より音情報処理技術による次世代インタラクティブシステムの研究開発を目的とした株式会社6th Sense代表取締役。2015年10月よりLEEWAYS株式会社技術顧問CTO(2016年1月-2018年6月まで取締役CTO, 現技術顧問)、その他数社の技術顧問を歴任。
2012年から2014年までThinkXとして米国で活動。
趣向学習AIによるコンテンツディスカバリーネットワークIlrsa開発者。
高知能団体MENSA会員。

-領域
音情報処理、対話、インターフェース、作曲理論、ジャズ理論、芸術

-研究開発インターン募集
https://www.in-fra.jp/intern-list/3962

-インタビュー
http://type.jp/et/feature/921
https://www.wahlandcase.com/ja/leeways-2/

-ブログ
http://kazukiotsuka.org

職歴

  • 6th Sense, Ltd /CEO, Programmer, Designer

    2015/1 在職中

  • LEEWAYS,Inc /取締役 CTO

    2015/10 2018/7

  • ThinkX,inc /Founder

    2012/11 2015/1

  • Office Otsuka /代表、プログラマー、デザイナー

    2011/4 2015/1

他の経験