出版業界、広告業界における慣行、常識についてお話できます

  • 出版

経験内容

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

21歳に始まり約40年間。

どちらでご経験されましたか?

宝島社、月刊宝島編集者として3年。以後フリーにて講談社、徳間書店、青春出版他で執筆編集活動。文化放送ブレーンにて人事広告の企画、コピーライターなど。その後、WEB上で文章指導の学校を作るなど

その時どのような立場や役割でしたか?

現場の編集者。月刊宝島時代は、編集者2人で一冊を作っていた頃もあり、実際上の権限は持っていた

一番誇りに思う成果はなんでしたか?

ANOANO、VOWなどの数十万部のベストセラーに関わる。斎藤綾子、田口ランディなどの作家を世に出す

一番の課題はなんでしたか?また、その課題をどう乗り越えましたか?

シャイなこと。桑田佳祐や、黒川紀章など有名人にインタピューするとき、緊張した。慣れました。

どんな人にアドバイスを提供したいですか?

出版業界の常識は、世間の常識とズレているかもしれないので、「こう言われたけど、どういう意味か」とか、「だまされていないか」などの心配をしている方。また何か特別の文章を書かなければいけないことで悩まれている方。

謝礼金額の根拠はなんですか?

自分自身でもコンサル、アドバイスを仕事にしているのでその相場。

関連する論文やブログ等があればURLを教えてください

村松恒平wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E6%9D%BE%E6%81%92%E5%B9B3

村松恒平書店(著書一覧)
http://www.hiden.jp/books_2/

文章学校
http://www.hiden.jp/

[大人の成長塾]成長力基礎テスト
http://seicho.hiden.jp/