【ダイセル】高温領域で使用可能なエンプラ用熱安定剤(酸化防止剤)の展開可能性について伺いたい

募集終了

概要

【クライアント】
株式会社ダイセル

【相談の背景】
現在、高温領域(300~400℃程度)でエンジニアリングプラスチックの分解を抑制する熱安定剤(酸化防止剤)の用途を調査しています。
一般的な酸化防止剤は耐熱性の面で200℃を超えると添加剤そのものが分解もしくは揮発してしまうが、当該添加剤は耐熱性に優れ、~400℃でも機能発現することができます。使用環境で高温(使用環境の温度、摩擦熱、等)に曝されるエンプラ製品の長寿命化や成型加工時の熱安定効果が期待されます。

【材料の特徴】
・ナノ炭素系添加剤
・300~400℃でラジカル捕捉能等の機構により熱分解を抑制
・PI、PAI、PEEK、PMP等のエンプラにて機能確認済み
・主たる提供形態はアルコール、THF、MIBK、トルエン、水分散液(粉体も可能だが凝集物)
・溶剤種に希望があれば相談可(ただし、提供を保証するものではありません)
・分散液は黒色
・添加剤そのものは空気中で400℃程度まで安定、窒素雰囲気中では800℃程度までの耐熱性
・pH条件においても安定

【お伺いしたいこと】
1. 今回のご提案の元となるご経歴(企業名、ご経験製品/技術種類等、担当業務内容、期間など)
2. 具体的にどのような用途に使用する可能性があるか
3. 2で回答した用途に対して、その理由
4. 他にどのような要素があれば可能性は広がると考えるか

※ご提案いただいた内容に基づき、スポットコンサルをご依頼させていただく場合がございます。

【スポットコンサル実施概要】
実施時間:1時間
実施時期:ご相談(確定次第早期に)
実施方法:対面 or 電話

※本件は弊社法人契約クライアントに代わり、ビザスクが投稿しております。

ご提案時にお教えいただきたいこと

  1. 今回のご提案の元となるご経歴(企業名、ご経験製品/技術種類等、担当業務内容、期間など)
  2. ご経験に基づき、標記材料に関して具体的にどのような用途に使用できる可能性があると考えるか
  3. 2で回答した用途に対して、その理由
  4. 他にどのような要素があれば、展開可能性は広がると考えるか

業界調査/ヒヤリング

募集期限
2018/09/26 (掲載日 : 2018/09/12) 募集終了
面談方法
対面or電話
所要時間
1時間
募集人数
3人
謝礼金額
15,000 25,000

関連カテゴリー

募集終了
この公募案件の募集は終了しました

提案時によくあるご質問

  • Q

    スポットコンサル実施はどの時点で確定しますか?

  • A

    A. 依頼者との個別事前相談にて、実施日時・場所・方法が決まり、依頼者が決済をした時点となります。日時などが決まり次第、依頼者に決済を依頼してください。

  • Q

    謝礼はいつ、どのように受け取ることができますか?

  • A

    謝礼は完了報告日の翌月末にご指定の方法でビザスクよりお支払いします。
    謝礼のお支払い方法は、①銀行振込②提携NPOへの寄付からご指定頂けます。

その他スポットコンサル時のFAQ

面談方法 対面or電話
所要時間 1時間
募集人数 3人
謝礼金額 15,000 25,000