DATE 2015-04-14

空いているモノや時間をシェア!シェアリングエコノミーとは

新規事業におすすめ

米国シリコンバレーでは約10年前から注目されてきたというシェアリングエコノミーというビジネスのスタイル。SNSの普及に伴って、世界中でシェアリングエコノミーと呼ばれるサービスが広がっています。今回は、シェアリングエコノミーについてご紹介します。

業界情報やハウツーアドバイスなど、必要なとき必要な分野のピンポイントなビジネスナレッジを求める企業や個人に対し、誰もが実務経験を生かしてスポットコンサルできるプラットフォームです。

 

シェアリングサービスとは

モノやヒト、サービスなど有形無形なものを共有し、今余っている状態の人が、リソースを今必要としている人に提供する「共有型」のサービスの総称。従来から共同利用サービスは存在していましたが、SNSの普及により、より広範囲でゆるやかな信頼関係でつながった人が、モノやサービス、キャパシティをシェアすることが可能になっています。

 

NeighborGoods

neighborgoods.net

地域のご近所同士での物の貸し借りができる。貸したい人がアイテムを登録しておくと、借りたい人はアイテム名や地域で検索できる。本人認証の他、取引履歴や評価でも相手を知ることができる。

 

TaskRabbit

taskrabbit.com

家事の代行や、家具の組み立てや引越の手伝いなど、日常生活の中で依頼したい30分単位の仕事を予算と合わせてポストすると、仕事を引き受けたい応募者が集められる。依頼主は、依頼したい応募者を選択して、タスクをお願いする。

 

Sidecar

www.side.cr

現在地と目的地から車に乗せてくれるドライバーを探せるサービス。リストで表示されるドライバーの特徴や金額から選んでアプリを経由して今、乗せてくれるドライバーを見つけられる。

 

実務経験者と対面/電話でスポットコンサルを受けることができるビザスクも、シェアリングエコノミーとしてご紹介いただくことがあります。必要な時間だけコンサルティングを依頼できる新しい仕組みを使って、知りたい分野の知見を持つ人を見つけてみませんか?ビザスクの仕組みについては、こちらから

 

 

 

ビザスクに登録してアドバイザーとして活躍しませんか?

現在、企業にお勤めの方やOBの方まで約35,000人が登録し、活躍。
ビジネスマンの新しい経験の活かし方として注目されています。
アドバイザー登録をすることで、組織・世代・地域を超えた知見活用が可能になります。

新規登録(無料)

ビザスクとは?

イノベーションに社外の知見を活用。

「ビザスク」のスポットコンサルティングは、業界や業務の経験者だからこそ提供可能な「アドバイス」を1時間からマッチング。
大手メーカーや商社の新規事業/R&D部門、経営企画部門にご利用いただいています。

お問い合わせ

050-3186-4546
support@visasq.com